miwa ヒカリへ

投稿者ららプレイ回数00000
楽曲情報 ヒカリへ  miwa  作詞MIWA  作曲MIWA
難易度(3.2) 963打 歌詞 かな 長文モード可タグmiwa ヒカリへ 歌詞
miwaのヒカリヘです
※このタイピングは「ヒカリへ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(りそうげんじつわんくりっくひかりのそくどにかわっても)

理想現実ワンクリック 光の速度に代わっても

(ちきゅうのうらよりとおいきょりあだむといヴにはなれない)

地球の裏より遠い距離 アダムとイヴにはなれない

(かなしみのうまれたばしょたどって)

悲しみの生まれた場所たどって

(そのきずやさしくふれていやせたら)

その傷やさしく触れて癒せたら

(あふれるおもいあいはきみをてらすひかりになれる)

溢れる想い 愛は君を照らす光になれる

(せつないほどに)

切ないほどに

(たとええがくみらいそこにわたしがいないとしても)

例え描く未来 そこに私がいないとしても

(いまはそっとだきしめてあげる)

今はそっと抱きしめてあげる

(うんめいだってひきよせてかがやきつづけたいよ)

運命だって引き寄せて輝き続けたいよ

(きせきだっておこせるってしんじたい)

奇跡だって起こせるって信じたい

(しんじたい)

信じたい

(えんりょはいりょことばのさいごかんじょうきごうかされても)

遠慮配慮言葉の最後 感情記号化されても

(こころのおくまでつたわらないほんとのこえをきかせて)

こころの奥まで伝わらない ホントの声を聞かせて

(すべてのことにおわりがあるなら)

すべてのことに終わりがあるなら

(くるしみさえいつかきえるはずだから)

苦しみさえいつか消えるはずだから

(あふれるおもいあいはむねをこがすいたみにかわる)

溢れる想い 愛は胸を焦がす痛みにかわる

(いとしいほどに)

いとしいほどに

(たとえせかいじゅうのこえなきこえにせめられたとしても)

たとえ世界中の声 なき声に責められたとしても

(わたしがぜんぶうけとめてあげる)

私が全部受け止めてあげる

(ひとはかなしみをしるためうまれてきたの)

人は悲しみを知るため生まれてきたの

(そんなことないもっとあいをしりたい)

そんなことないもっと愛を知りたい

(こどくがぬくもりをしるためにあるのなら)

孤独がぬくもりを知るためにあるのなら

(しあわせはいつだってそこにあるのに)

幸せはいつだってそこにあるのに

(あふれるおもいあいはきみをてらすひかりになれる)

溢れる想い 愛は君を照らす光になれる

(せつないほどに)

切ないほどに

(たとええがくみらいそこにわたしがいないとしても)

例え描く未来 そこに私がいないとしても

(いまはそっとだきしめてあげる)

今はそっと抱きしめてあげる

(うんめいだってひきよせてかがやきつづけたいよ)

運命だって引き寄せて輝き続けたいよ

(きせきだっておこせるってしんじたい)

奇跡だって起こせるって信じたい

(しんじたい)

信じたい

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。