刹那の渦

背景
投稿者投稿者十市にこいいね0お気に入り登録
プレイ回数243難易度(2.9) 1219打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 刹那の渦  須田 景凪  作詞須田 景凪  作曲須田 景凪
須田景凪さんの「刹那の渦」のタイピングです。
※このタイピングは「刹那の渦」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(よるにもぐるきみのすがた)

夜に潜る君の姿

(かえりみちはいらないのだろう)

帰り道は要らないのだろう

(せなかをてらすあかりがひどくうつくしかったな)

背中を照らす灯りが酷く美しかったな

(ことばにまよいうつむくのなら)

言葉に迷い俯くのなら

(しずかにただふれあっていよう)

静かにただ触れ合っていよう

(やがてもゆるぐんじょうにみをまかせてみようか)

やがて燃ゆる群青に身を任せてみようか

(たりないものはなんだろうな)

足りないものは何だろうな

(かぞえればきりがない)

数えればきりがない

(すぎさるひびはかぜになって)

過ぎ去る日々は風になって

(たえずきせつをゆらしている)

絶えず季節を揺らしている

(ああ)

嗚呼

(いつまでもこうかいとあいぞうがうずをまいて)

いつまでも後悔と愛憎が渦を巻いて

(このきばのほこさきをさがしさまよってあるいている)

この牙の矛先を探し彷徨って歩いている

(ひすいのうみをながめてはきみをおもいだした)

翡翠の海を眺めては君を思い出した

(せつなのやさしさがむねをしめる いまも)

刹那のやさしさが胸を締める 今も

(かぜがちらすはなのすがた)

風が散らす花の姿

(むくないばらおきざりのねつ)

無垢な荊棘置き去りの熱

(えつにひたるからすをとおくながめていたんだ)

悦に浸る鴉を遠く眺めていたんだ

(こころをたらしきずつくのなら)

心を垂らし傷付くのなら

(ここではないどこかへむかおう)

此処ではない何処かへ向かおう

(きみがおもうすべてになりたい)

君が想う全てになりたい

(そうおもえたんだ)

そう思えたんだ

(きえたいよるはどうしようか)

消えたい夜はどうしようか

(ひとりじゃいきられない)

ひとりじゃ生きられない

(さめないゆめはむねにすんで)

醒めない夢は胸に棲んで

(いまだいのちをくらってる)

未だ命を喰らってる

(ああ)

嗚呼

(いつまでもぬくもりはとうめいなばけのかわだ)

いつまでも温もりは透明な化けの皮だ

(しあわせがふくらむたび よるはつめをとぎわらっている)

幸せが膨らむ度 夜は爪を研ぎ笑っている

(にわかなあめにうたれてはあいをもとめている)

にわかな雨に打たれては愛を求めている

(かげろう ひりつくひびをねがう いまも)

陽炎 ひりつく日々を願う 今も

(きみのうたをうたうのならば)

君の歌を歌うのならば

(どんなことばがふさわしいのだろう)

どんな言葉が相応しいのだろう

(ひとつのことばもいらないときみはいうんだろう)

ひとつの言葉も要らないと君は言うんだろう

(きみのうたをうたうのならば)

君の歌を歌うのならば

(どんなことばがふさわしいのだろう)

どんな言葉が相応しいのだろう

(くだらないよるのすみっこでぬるいきおくをたどっている)

下らない夜の隅っこで温い記憶を辿っている

(ああ)

嗚呼

(いつまでもこうかいとあいぞうがうずをまいて)

いつまでも後悔と愛憎が渦を巻いて

(このきばのほこさきをさがしさまよってあるいている)

この牙の矛先を探し彷徨って歩いている

(ひすいのうみをながめてはきみをおもいだした)

翡翠の海を眺めては君を思い出した

(せつなのやさしさがむねをしめる)

刹那の優しさが胸を締める

(ただまどうくらしにきみをおもう いまも)

ただ惑う暮らしに君を想う 今も

十市にこのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971