群青讃歌

投稿者cafeプレイ回数782
楽曲情報 群青讃歌  作詞Eve  作曲Eve
難易度(2.7) 1490打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 歌詞 初音ミク Eve プロセカ
Eveさんの「群青讃歌」の歌詞タイピングです。
句読点や記号は省略しています。
※このタイピングは「群青讃歌」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ゴッペちゃん🌻 7865 8.0 97.5% 184.6 1490 38 49 2022/05/25
2 7755 8.2 94.7% 181.3 1488 82 49 2022/05/24
3 ありがとうござい 6720 S+ 6.9 97.0% 215.0 1490 45 49 2022/05/24
4 542 6472 S 6.8 94.9% 217.7 1489 80 49 2022/05/26
5 くるみ 6043 A++ 6.4 94.3% 231.5 1488 89 49 2022/05/28

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つながっていたいってしんじられることば)

繋がっていたいって 信じられる言葉

(だってもうきのうのぼくらにおさらば)

だってもう昨日の僕らにおさらば

(あおいはるをすごしたとおいいなずま)

青い春を過ごした 遠い稲妻

(さっとないてまえだけをむけたら)

さっと泣いて 前だけを向けたら

(きっとどんなにらくになれていたろうな)

きっとどんなに楽になれていたろうな

(このこころをゆらしたいちるののぞみは)

この心を揺らした 一縷の望みは

(ないものねだりはやめたみかんせいにんげん)

ないものねだりは辞めた 未完成人間

(すばらしきせかいだけがこたえをにぎってる)

素晴らしき世界だけが 答えを握ってる

(あきらめてしまうほどこのさきたくさんの)

諦めてしまうほど この先沢山の

(こうかいがきみをまってるけど)

後悔が君を待ってるけど

(もうないまよいはしないよ)

もうない 迷いはしないよ

(このきずもいとしくおもえてしまうほど)

この傷も愛しく 思えてしまうほど

(かさねてしまうよぶかっこうなまんまでいいから)

重ねてしまうよ 不恰好なまんまでいいから

(はしれそのほはばではしれこえとどろかせてくれ)

走れ その歩幅で 走れ 声 轟かせてくれ

(きたいとふあんをおなじくらいだきしめて)

期待と不安を同じくらい抱きしめて

(きみといまをつむぐみらいてらして)

君と今を紡ぐ未来照らして

(かおもなまえもしらないぼくたちが)

顔も名前も知らない僕たちが

(たったひとつのおとをかきならす)

たった1つの音をかき鳴らす

(いたずらみたいなきせきのようなせつな)

いたずらみたいな奇跡のような刹那

(あっというまにながれるときが)

あっという間に流れる時が

(ありのままでありつづけるこわさが)

ありのままで在り続ける怖さが

(うしなったじかんはとりもどせないけれど)

失った時間は取り戻せないけれど

(かこをふりかえってばかりじゃ)

過去を振り返ってばかりじゃ

(ないたっていいんだ)

泣いたっていいんだ

(くやしさといたみだけがきみをこうていするから)

悔しさと痛みだけが 君を肯定するから

(おとなになったらわすれてしまうの)

大人になったら 忘れてしまうの

(きみとのやくそくをしたばしょは)

君との約束をした場所は

(もうないおぼえていたいよ)

もうない 覚えていたいよ

(おもいでもいとしくおもえてしまうほど)

思い出も愛しく 思えてしまうほど

(かさねてしまうよぶかっこうなまんまでいいから)

重ねてしまうよ 不恰好なまんまでいいから

(そのこえはどこまでもなりひびいて)

その声はどこまでも鳴り響いて

(たしかなりゆうをいだいてここまできたんだ)

確かな理由を抱いてここまで来たんだ

(まだおわらないたびじなんだ)

まだ終わらない旅路なんだ

(いつしかおもいはかたちになる)

いつしか想いは形になる

(このまっしろにそまるあさ)

この真っ白に染まる朝

(わすれられないままだから)

忘れられないままだから

(あきらめてしまうほどこのさきたくさんの)

諦めてしまうほど この先沢山の

(もうないまよいはしないよ)

もうない 迷いはしないよ

(かけがえのないものあふれてしまうよ)

かけがえのないもの 溢れてしまうよ

(こたえはきみのそのてのなかに)

答えは君のその手の中に

(はなさないでものがたりはいっぽまえへ)

離さないで 物語は一歩前へ

(あきらめてしまうほどこのさきたくさんの)

諦めてしまうほど この先沢山の

(こうかいがきみをまってるけど)

後悔が君を待ってるけど

(もうないまよいはしないよ)

もうない 迷いはしないよ

(このきずもいとしくおもえてしまうほど)

この傷も愛しく 思えてしまうほど

(かさねてしまうよぶかっこうなまんまでいいから)

重ねてしまうよ 不恰好なまんまでいいから

(はしれそのほはばではしれこえとどろかせてくれ)

走れ その歩幅で 走れ 声 轟かせてくれ

(きたいとふあんをおなじくらいいだきしめて)

期待と不安を同じくらい抱きしめて

(きみといまをつむぐみらいてらして)

君と今を紡ぐ未来照らして

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!