月見夜ラビット

投稿者ミネプレイ回数85
楽曲情報 月見夜ラビット  蝶々P FEAT.初音ミク  作詞PAPIYON  作曲PAPIYON
難易度(2.9) 1086打 歌詞 かな 長文モード可タグ初音ミク ボカロ 蝶々p
月見夜ラビット/蝶々p
蝶々pさんの月見夜ラビットです。
※このタイピングは「月見夜ラビット」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ゴッペちゃん🌻 7551 7.7 97.5% 140.5 1088 27 33 2022/05/27

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(みちてはかけるだけのひびがげんじつなら)

満ちては欠けるだけの日々が現実なら

(かことみらいのあいだにいるのがぼくらしい)

過去と未来の間にいるのが僕らしい

(みみをすませばきこえてくるだれかのこえ)

耳を澄ませば聞こえて来る誰かの声

(ひまだからそろそろかげでもぬすみにいこうか)

「暇だからそろそろ影でも盗みに行こうか」

(つきみどろぼうとはうまくいったものですね)

月見泥棒とは上手く言ったものですね

(くものきれまにのぞくしろいひかりがわらう)

雲の切れ間に覗く白い光が笑う

(かぎられたじかんのなかでいきていくのは)

限られた時間の中で生きていくのは

(だっとのいきおいできえていくようなものなんだって)

脱兎の勢いで消えていく様なものなんだって

(つきのうたにのってよるのそらへとびこんだ)

月の唄に乗って夜の空へ飛び込んだ

(むじゅうりょくのだんすでもっともっとはねまわれ)

無重力のダンスでもっともっと跳ね回れ

(つきのらびっとにおねがいを)

月のラビットにお願いを

(めぐるときをとめたいよ)

「巡る時を止めたいよ」

(まざるあたまのなかはゆめであふれてるの)

混ざる頭の中は夢で溢れてるの

(つきみかぐやよいのなかで)

月見かぐや 宵の中で

(ひびくおとはぼくをよぶみたいだ)

響く音は 僕を呼ぶみたいだ

(とにかくいこううつるさきに)

兎に角行こう 映る先に

(みえたものはかざるみずしぶきだ)

見えたものは 飾る水飛沫だ

(よがあけたらきみはどこへ)

夜が明けたら君は何処へ?

(つきのなみにのってよるのうみへとびこんだ)

月の波に乗って夜の海へ飛び込んだ

(たちどまってるくらいならさぁはしりだせ)

立ち止まってる位ならさぁ走りだせ

(まったくかいきなもんだそらにわめくげんそうは)

全く皆既なもんだ空に喚く幻想は

(あざやかにしずむしゅうきのわがとけていく)

鮮やかに沈む周期の輪が溶けていく

(よがあけたらきみはどこへ)

夜が明けたら君は何処へ?

(きえたこえはぼくのなかで)

消えた声は僕の中で

(つきのゆれによってきづかぬふりをしていた)

月の揺れに酔って気づかぬ振りをしていた

(まわるせかいがかれをむかえにきたようだ)

廻る世界が彼を迎えに来たようだ

(かげをぬすんだてんばつとあさになりのぼるたいよう)

影を盗んだ天罰と朝になり昇る太陽

(いつかまたあえるひまでつきにさよなら)

「いつかまた逢える日まで月にさよなら」

(にげるきみをおってあけのそらへとびこんだ)

逃げる君を追って明けの空へ飛び込んだ

(むじゅうりょくのだんすでもっともっとはねまわれ)

無重力のダンスでもっともっと跳ね回れ

(つきのらびっとにおねがいを)

月のラビットにお願いを

(まだきみをみていたいよ)

「まだ君を見ていたいよ」

(まざるあたまのなかはゆめであふれてるの)

混ざる頭の中は夢で溢れてるの

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!