ヨルシカ 踊ろうぜ

背景
投稿者投稿者ぷりんいいね0お気に入り登録
プレイ回数70難易度(3.5) 1089打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 踊ろうぜ  ヨルシカ  作詞n-buna  作曲n-buna
※このタイピングは「踊ろうぜ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あーああ、とうめいよりもすみきった)

嗚呼、透明よりも澄み切った

(こころでよのなかをわらっているんだよ)

心で世の中を笑っているんだよ

(あーああ、おんがくなんかをえらんだ)

嗚呼、音楽なんかを選んだ

(あのひのじぶんをばかにおもうね)

あの日の自分を馬鹿に思うね

(つたえたいぜんぶはもうこのうたもじぶんのこえすらも)

伝えたい全部はもう この詩も自分の声すらも

(かぜになったからあわときえていったから)

風になったから 泡と消えていったから

(きょうかんかくみたいこのかんしょうはどこかへなげすてたい)

共感覚みたい この感傷は何処かへ投げ捨てたい

(ぼくでいいのならきみがしりたいのなら)

僕でいいのなら 君が知りたいのなら

(もうかくすことなんてないよいまからすこしだけ)

もう隠すことなんてないよ 今から少しだけ

(おどろうぜ)

踊ろうぜ

(あーああ、にんげんなんてやめたいな)

嗚呼、人間なんてやめたいな

(そうだろ、おもしろくもなんにもないだろ)

そうだろ、面白くも何にもないだろ

(あーああ、じまんのぎたーをみせびらかした)

嗚呼、自慢のギターを見せびらかした

(あのひのじぶんをつぶしてやりたいよ)

あの日の自分を潰してやりたいよ

(つたえたいぜんぶはもう)

伝えたい全部はもう

(なつもふゆもあすのむこうがわで)

夏も冬も明日の向こう側で

(はいになったからあわくきえさったから)

灰になったから 淡く消え去ったから

(とうになくしてたこのじょうどうもどこかへなげすてて)

疾うに無くしてた この情動も何処かへ投げ捨てて

(きみがいいのならただわすれたいのなら)

君がいいのなら ただ忘れたいのなら

(もうためらうことなんてないよこのままよあけまで)

もう躊躇うことなんてないよ このまま夜明けまで

(おどろうぜ)

踊ろうぜ

(あーああ、おんがくなんかやめてやるのさ)

嗚呼、音楽なんか辞めてやるのさ

(おもいでのきみがひとつもたがわずえがけたら)

思い出の君が一つも違わず描けたら

(どうせもうやりたいことひとついえないからさうかばないからさ)

どうせもう やりたいこと一つ言えないからさ 浮かばないからさ

(きみをしったままひびがすぎさったから)

君を知ったまま 日々が過ぎ去ったから

(どうかおいつきたいこのじょうどうをこのままうたにしたい)

どうか追いつきたい この情動をこのまま歌にしたい

(いまくるしいならさいいわけはいいからさ、あぁもうおどろうぜほら)

今苦しいならさ 言い訳はいいからさ、あぁもう踊ろうぜほら

(かぜになったのさあわときえていったのさ)

風になったのさ泡と消えていったのさ

(どうせわりきれないこのかんしょうもどこかへなげすてて)

どうせ割り切れない この感傷も何処かへ投げ捨てて

(ぼくでいいのならきみがしりたいのなら)

僕でいいのなら 君が知りたいのなら

(もうかくすことなんてないよ)

もう隠すことなんてないよ

(このまますこしだけ)

このまま少しだけ

(いまからすこしだけ)

今から少しだけ

(おどろうぜ)

踊ろうぜ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞は投稿しないでください!