Subtitle

背景
投稿者投稿者ZEROいいね0お気に入り登録
プレイ回数364難易度(3.6) 1790打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 Subtitle  Official髭男dism  作詞藤原聡  作曲藤原聡
Subtitle
official髭男dismさんのSubtitleです。プレイしやすいように一部カットしております。
※このタイピングは「Subtitle」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ぼっち大戦争 7382 7.6 96.7% 234.2 1789 60 40 2024/02/20
2 漆黒の翼 3600 D+ 4.5 82.5% 388.6 1774 375 40 2024/04/04

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こおりついたこころにはたいようをそしてぼくがきみにとってそのぽじしょんを)

「凍りついた心には太陽を」そして「僕が君にとってそのポジションを」

(そんなだいぶごうまんなおもいこみをこじらせてたんだよ)

そんなだいぶ傲慢な思い込みを拗らせてたんだよ

(ごめんねごめんねわらってわらってやって)

ごめんね(ごめんね)笑って(笑って)やって

(やけどしそうなほどのぽじてぃぶとつめたさとざんこくさにきづいたんだよ)

火傷しそうなほどのポジティブと 冷たさと残酷さに気付いたんだよ

(きっときみにわたしたいものはもっとひんやりあついもの)

きっと君に渡したいものはもっとひんやり熱いもの

(きれいごとじゃないけどきれいでゆるぎないもの)

綺麗事じゃないけど 綺麗で揺るぎないもの

(うわべよりもむねのおくのおくをあたためるもの)

うわべよりも胸の奥の奥を温めるもの

(りそうだけはあるけどこころのどこさがしてもまるでみつからないんだよ)

理想だけはあるけど 心のどこ探しても まるで見つからないんだよ

(つたえたいつたわらないこのふじょうりがいまきつくしばりつけるんだよ)

伝えたい伝わらない この不条理が今 キツく縛りつけるんだよ

(おくびょうなぼくのこのいっきょしゅいっとうそくを)

臆病な僕の この一挙手一投足を

(ことばはまるでゆきのけっしょうきみにぷれぜんとしたくても)

言葉はまるで雪の結晶 君にプレゼントしたくても

(むちゅうになればなるほどにかたちはくずれおちてとけていって)

夢中になればなるほどに 形は崩れ落ちて溶けていって

(きえてしまうけどでもぼくがえらぶことばがそこにたくされたおもいが)

消えてしまうけど でも僕が選ぶ言葉が そこに託された想いが

(きみのむねをふるわすのをあきらめられないあいしてるよりもあいがとどくまで)

君の胸を震わすのを 諦められない 愛してるよりも愛が届くまで

(もうすこしだけまってて)

もう少しだけ待ってて

(うすぎでただそばにたっててもふひつようにあせをかいてしまうぼくなんかもう)

薄着でただそばに立ってても 不必要に汗をかいてしまう僕なんかもう

(どうしたってなまぬるくてきみをいためつけてしまうのだろう)

どうしたって生温かくて君を痛めつけてしまうのだろう

(てのひらがあついほどこころはつめたいんでしょ)

「手のひらが熱いほど心は冷たいんでしょ?」

(じょうだんでもそんなざんこくなこといわないでよ)

冗談でもそんな残酷なこと言わないでよ

(べつにいえばいいけどぜんじんせいをかけてもちゃんとくつがえさしてよ)

別に言えばいいけど 全人生を賭けても ちゃんと覆さしてよ

(すくいたいすくわれたいこのいこーるがいまやさしくはがしていくんだよ)

救いたい 救われたい このイコールが今 優しく剥がしていくんだよ

(かたいりろんぶそうぷらいどのかじょうほうそうを)

堅い理論武装 プライドの過剰包装を

(ただしさよりもやさしさがほしいそしてそれをうけとれるのは)

正しさよりも優しさが欲しい そしてそれを受け取れるのは

(いるみねーしょんみたいなふとくていたすうじゃなくて)

イルミネーションみたいな 不特定多数じゃなくて

(ただひとりきみであってほしい)

ただ一人君であってほしい

(かけたことばでわれたひびをなおそうとして)

かけた言葉で 割れたヒビを直そうとして

(たしすぎたねつりょうでひかれてしまったかーてん)

足しすぎた熱量で 引かれてしまったカーテン

(そんなしっぱいさくをかさねてかさねてかさねて)

そんな失敗作を 重ねて 重ねて 重ねて

(みつけたいんだいつかさいこうのいちごんいっくを)

見つけたいんだいつか 最高の一言一句を

(ことばはまるでゆきのけっしょうきみにぷれぜんとしたとして)

言葉はまるで雪の結晶 君にプレゼントしたとして

(じかんがたってしまえばたいていきおくからこぼれおちてとけていって)

時間が経ってしまえば大抵 記憶から溢れ落ちて溶けていって

(きえてしまうでも)

消えてしまう でも

(たえずぼくらのすとーりーにそえられたじまくのように)

絶えず僕らのストーリーに 添えられた字幕のように

(おもいかえしたときふいにめをやるときに)

思い返した時 不意に目をやる時に

(きみのむねをふるわすものさがしつづけたい)

君の胸を震わすもの 探し続けたい

(あいしてるよりもあいがとどくまで)

愛してるよりも愛が届くまで

(もうすこしだけまってて)

もう少しだけ待ってて

(ことばなどなにもほしくないほどかなしみにいてつくよるでも)

言葉など何も欲しくないほど 悲しみに凍てつく夜でも

(かってにきみのそばであれこれとかんがえてる)

勝手に君のそばで あれこれと考えてる

(ゆきがとけてものこってる)

雪が溶けても残ってる

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、個人情報の投稿、歌詞の投稿、出会い目的の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。