夕愁想花

投稿者レム@REDSUNSプレイ回数337
楽曲情報 夕愁想花  m.o.v.e  作詞MOTSU  作曲MOTSU
難易度(2.9) 1267打 歌詞 長文モード可タグ頭文字D m.o.v.e
頭文字D 5th 後編 ED
頭文字D 5th 後編 ED、m.o.v.eの夕愁想花です。個人的に好きなんだけどな。この曲。
(自分がやりたかっただけとは言えない)
※このタイピングは「夕愁想花」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆうぐれにかわらないけしき)

夕暮れに変わらない景色

(ふりかえるたどってきたみち)

振りかえるたどって来た道

(せつなさもよろこびもきえないいたみも)

切なさも喜びも消えない痛みも

(かぞえてたらきりがないねとひとりあるく)

数えてたらキリがないねと独り歩く

(かぞえきれないほどのざんぞう)

数え切れないほどの残像

(ぎゃんぶるいきぬいてきたざんとう)

ギャンブル生き抜いてきた残党

(ときにたたかいときにわかりあい)

時に戦い時に解りあい

(きれいごとばかりじゃなかったしんじつ)

キレイ事ばかりじゃなかった真実

(しょったままあらたないっぽ)

背負ったまま新たな一歩

(あかねぐもがまちをそめる)

あかね雲が街を染める

(このゆくさきをそっとといかけてみる)

この行く先をそっと問いかけてみる

(そらはなにもいわず)

空は何も言わず

(だけどわたしにこのみちをてらしている)

だけど私にこの道を照らしている

(すきとおるけしきをかんじて)

透き通る景色を感じて

(せんりつをゆうひがかなでて)

旋律を夕陽が奏でて

(すきとおるけしきをかんじて)

透き通る景色を感じて

(とりのようなつばさがあったら)

鳥のような翼があったら

(どこまでもたかくとべただろう)

どこまでも高く飛べただろう

(むねにふるいくつものおもいかきけす)

胸に降るいくつもの想いかき消す

(あしあとにいつかさいたはなたちがつづく)

足跡にいつか咲いた花達がつづく

(あのきせつをかざったはなびら)

あの季節を飾った花びら

(あのよるに3000つぶのなみだ)

あの夜に3000粒のナミダ

(だまっててもゆるがなかったもの)

黙ってても揺るがなかったモノ

(はぐれものどうししんじれたこと)

ハグレ者どうし信じれたコト

(ここからいまあるきだすふうけい)

ここから今歩き出す風景

(あかいゆうひほほをてらす)

紅い夕日頬を照らす

(ことばをひとつずっとあたためてる)

言葉を一つずっと暖めてる

(きみにいえなかったこころからいま)

キミに言えなかった心からいま

(まっすぐなありがとうを)

まっすぐなありがとうを

(ゆうしゅうにおもうはなたち)

夕愁に想う花たち

(きみにおくるめろでぃー)

キミに贈るメロディー

(ぎょらいするおくせんまんの)

去来する億千万の

(あかねいろのゆうしゅうそうか)

茜色の有終想花

(だからそうさ)

だからそうさ

(しんじれるならみちはまよわない)

信じれるなら道は迷わない

(しんじるならそのちょいすはただしい)

信じるならそのチョイスは正しい

(ああかるま)

ああカルマ

(いまこたえはそのあしでいけばわかるさ)

いま答えはその足で行けば分かるさ

(たとえみちをわかれたとしても)

たとえ道を別れたとしても

(またいつかであったとしても)

またいつか出会ったとしても

(そのすべてがにぎやかなものがたりだ)

その全てが賑やかな物語だ

(あかねぐもがまちをそめる)

あかね雲が街を染める

(このゆくさきをそっとといかけてみる)

この行く先をそっと問いかけてみる

(そらはなにもいわず)

空は何も言わず

(だけどわたしにこのみちをてらしている)

だけど私にこの道を照らしている

(すきとおるけしきをかんじて)

透き通る景色を感じて

(せんりつをゆうひがかなでて)

旋律を夕陽が奏でて

(すきとおるけしきをかんじて)

透き通る景色を感じて

(せんりつをゆうひがかなでて)

旋律を夕陽が奏でて

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!