うたかた花火 歌詞

投稿者みほプレイ回数4319  お気に入り1
楽曲情報 うたかた花火  supercell  作詞RYO  作曲RYO
難易度(2.6) 928打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ アニメ・マンガ ナルト supercell うたかた花火
曲も聴いてください。
※このタイピングは「うたかた花火」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 misaki 5005 B+ 5.3 94.3% 174.2 927 55 32 2020/10/15
2 ru-ma^-^ 4937 B 5.2 94.9% 177.4 925 49 32 2020/09/07

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あふれるひとでにぎわうはちがつまつのおまつり)

あふれる人でにぎわう8月末のお祭り

(ゆかたをきてげたもはいて)

浴衣を着て下駄もはいて

(からんころんおとをたてる)

からんころん音を立てる

(ふいにあがったはなびをふたりでみあげたとき)

ふいにあがった花火を二人で見上げた時

(むちゅうでみてるきみのかおをそっとぬすみみたの)

夢中で見てる君の顔を そっと盗み見たの

(きみのこときらいになれたらいいのに)

君のこと嫌いになれたらいいのに

(きょうみたいなひにはきっと)

今日みたいな日にはきっと

(またおもいだしてしまうよ)

また思い出してしまうよ

(こんなきもちしらなきゃよかった)

こんな気持ち知らなきゃよかった

(もうにどとあえることもないのに)

もう二度と会えることもないのに

(あいたいあいたいんだ)

会いたい 会いたいんだ

(いまでもおもうきみがいたあのなつのひを)

今でも想う 君がいたあの夏の日を

(すこしつかれてふたりみちばたにこしかけたら)

少し疲れて二人 道端に腰かけたら

(とおくきこえるおはやしのね)

遠く聞こえるお囃子の音

(ひゅるりらなりひびく)

ひゅるりら 鳴り響く

(よぞらにさいたおおきなおおきなにしきかむろ)

夜空に咲いた 大きな大きな錦冠

(もうすこしでなつがおわるふっとせつなくなる)

もう少しで夏が終わる ふっと切なくなる

(さかさまのはーとがうちあがってた)

逆さまのハートが打ちあがってた

(あははってわらいあって)

あははって笑い合って

(すきだよってきすをした)

好きだよって キスをした

(もうわすれようきみのことぜんぶ)

もう忘れよう 君のこと全部

(こんなにもかなしくて)

こんなにも悲しくて

(どうしてであってしまったんだろう)

どうして出会ってしまったんだろう

(めをとじればいまもきみがそこにいるようで)

目を閉じれば 今も君がそこにいるようで

(あまいといきびねつをおびるわたしはきみにこいした)

甘い吐息 微熱を帯びる私は君に恋した

(そのこえにそのひとみに)

その声に その瞳に

(きづけばときはすぎさってくのに)

気づけば時は 過ぎ去ってくのに

(まだきみのおもかげをさがして)

まだ君の面影を探して

(ひとりきりでみあげるはなびにこころがちくりとした)

ひとりきりで見上げる花火に 心がちくりとした

(もうすぐつぎのきせつがやってくるよ)

もうすぐ次の季節が やってくるよ

(きみとみてたうたかたはなび)

君とみてたうたかた花火

(いまでもおもうあのなつのひを)

今でも想う あの夏の日を

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。