小さい沼での物語

投稿者飛来骨プレイ回数165
難易度(4.2) 60秒 長文 かなタグ 小さな 小沼さん
やればわかる
やればわかる

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(おひるちょうどにめがさめる)

おはよう

(ちょうしょくとちゅうしょくをいっしょにとる)

今日は

(またにじかんほどねて、ごふんほどねてまたよじかんほどねる)

こんばんは

(ゆうしょくをとり、いちじかんだけてれびをみてそのごはぬまのまわりをまわる)

失礼します

(あるきつかれるとすこしやすみ、こんどはさけをのむ、よいつぶれる)

失礼しました

(あとは、あすまでこんないちにちをすごしてしまったことをはじる)

さようなら

(やがて、かれはさとるじぶんのからだがしぼうとぜいにくのかたまりとなりたつことさえふかのうとされた)

ありがとう

(かたまりというよりもはやけしんといってしまったほうがよいのかもしれない)

ケーン

(かれはぜつぼうしやがてかみにすがりはじめたかみはなにもしてくれなかったが)

(それでもひっしにすがった。かみなどいないとわかっていても、)

らーた

(それでもひっしにいのった。やがてかれのからだはやみくちはじめたとき)

かかか

(かれはいのることをとめ、だいえっとをしはじめた。)

(かれはみるみるうちにやせていったが、やまいがからだをむしばみやせるとどうじにしきもはやめた)

彼はみるみるうちに痩せていったが、病が体を蝕み痩せると同時に死期も早めた

(やがてかれのからだはくちはて、たましいだけがこのよにのこった)

やがて彼の体は朽ち果て、魂だけがこの世に残った

(もう、このぶんをかくのもあきてきた。あきるというよりめんどうになってきた。)

ろー!!!!!!

(あとのぶんはおまけていどにしておこうとおもう。)

おげぇ

(いちにちさんしょくきっちりたべてけんこうなからだをつくろう!)

しゃっつ

(はやねはやおきをしてじゅうじつしたいちにちをすごそう。)

さーーーーー

(よるおそくほうそうされるてれびばんぐみはろくがしてどようびかにちようびにみよう)

こ?

(てれびをみるときは、へやをあかるくして、てれびからはなれてみるようにしよう。)

びやぁ#####

など

(とうにょうびょうはおそろしいびょうきです。)

糖尿病は恐ろしい病気です。

(なぜなら、あるていどしんこうしないとじかくしょうじょうがほとんどないからです。)

なぜなら、ある程度進行しないと自覚症状がほとんどないからです。

(とうにょうびょうは、これすてろーるがけっかんのかべにつき、もろくさせます。)

糖尿病は、コレステロールが血管の壁につき、脆くさせます。

(また、けつりゅうもわるくなるので、ひふがえそしたり、からだのどこかがうごかなくなります)

えへ(藁)

(さっきのはふといけっかんのばあいです。)

じょぁぁぁ

(ほそいけっかん、つまりしんけいなどでそれがおこると、)

ポーン(怒り)

(しつめいしてしまったり、からだのどこかがうごかなくなったりします。)

失明してしまったり、体のどこかが動かなくなったりします。

(もうねたが、なくなってきました。)

もーららら

(もうやーめた。こういうのつくるのっていがいとたいへんなんですね)

もうやーめた。こういうの作るのって意外と大変なんですね

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。