歌詞タイピング 秦基博 綴る

スポンサーリンク
投稿者kazu プレイ回数471 順位11549位
楽曲情報 綴る  秦 基博  作詞秦 基博  作曲秦 基博
難易度(4.5) 1062打 歌詞 タグ歌詞
好きな曲で練習したくて作りました♪
※このタイピングは「綴る」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数527494
歌詞かな1119打
パプリカ

パプリカ

Foorin/パプリカ

プレイ回数11471
歌詞かな769打
シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数270695
歌詞かな1066打
Pretender

Pretender

Official髭男dism/Pretender

プレイ回数18933
歌詞1330打
絶対にできるようになる タイピング

絶対にできるようになる タイピング

本当にできるようになります(事実)

プレイ回数66899
かな30秒
アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班

君が笑う再会の夜空へ。

プレイ回数95820
歌詞980打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だいめいもないみゃくりゃくなんてないかきとめたもじたちも)

題名もない 脈略なんてない 書きとめた文字たちも

(ひきだしのおくのめのとどかないばしょにかくしておくね)

引き出しの奥の 目の 届かない場所に  隠しておくね

(いつかぼくがきえたあとくらくふかいよるのおわりにひらけるように)

いつか  僕が消えたあと  暗く深い 夜の終わりに 開けるように

(たとえばふゆをわたるとりのかげやはるにめぶいたあおいはなのこと)

例えば  冬を渡る鳥の影や  春に芽吹いた 青い花のこと

(うつむいたそのひとみにうつせばほらすこしはまえをむけるだろう)

うつむいた その瞳に  映せば ほら  少しは前を向けるだろう

(とりとめのないおもいでばなしをともにあゆむはずだったあしたを)

とりとめのない 思い出話を ともに歩むはずだった明日を

(つづるよそのこどくもふっとやわらぐようなさいごのてがみを)

綴るよ その孤独も ふっと やわらぐような 最後の手紙を

(こうかいはない?いやそんなつよくはないかくせないよさみしさ)

後悔はない? いやそんな強くはない 隠せないよ 寂しさ

(できることならそばでみていたいこれからさきもずっと)

出来ることなら そばで見ていたい これから先もずっと

(いつかきみがまよってもつらくながいもりをくぐりぬけかえれるように)

いつか 君が迷っても つらく長い森をくぐりぬけ 帰れるように

(たとえばあかくもえるなつのかぜやあきにみあげたしろいつきのこと)

例えば 赤く燃える夏の風や 秋に見上げた白い月のこと

(ふりむいたせなかをやさしくほらつつみこんであげられたら)

振り向いた背中を 優しく ほら 包み込んであげられたら

(じゃれあいのようなささいないさかいもいつもいえずじまいの「ごめんね」も)

じゃれ合いのような 些細な諍いも いつも言えずじまいの 「ごめんね」も

(つづるよそのえがおもふっとこぼれるようなかすかなひかりも)

綴るよ その笑顔も ふっと こぼれるような かすかな光も

(さめないゆめならどれだけいいだろうやがてはなれるそのひはくるから)

醒めない夢なら どれだけいいだろう やがて離れる その日は来るから

(いたくてこわくてたしかめあうようにだきしめる)

痛くて 怖くて  確かめ合うように 抱きしめる

(たとえばふゆのあさもはるのごごもなつのゆうぐれもあきのよるも)

例えば 冬の朝も 春の午後も 夏の夕暮れも 秋の夜も

(のこされたじかんをぼくらもただいつくしみいきられたなら)

残された時間を 僕らも ただ 慈しみ 生きられたなら

(かけがえのないひびのぬくもりをとてもつたえきれぬ「ありがとう」を)

かけがえのない 日々の温もりを とても伝えきれぬ 「ありがとう」を

(つづるよそのみらいにそっとよりそうようなさいごのてがみを)

綴るよ その未来に そっと 寄り添うような 最後の手紙を

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。