カゲロウデイズ 歌詞タイピング

投稿者あつぴょん@LOVE花陽プレイ回数1698
楽曲情報 カゲロウデイズ  じん(自然の敵P)  作詞じん(自然の敵P)  作曲じん(自然の敵P)
難易度(3.1) 452打 歌詞 かな 長文モード可タグボーカロイド ボカロ カゲロウデイズ
※このタイピングは「カゲロウデイズ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はちがつじゅうごにちのごごじゅうにじはんくらいのこと)

8月15日の午後12時半くらいのこと

(てんきがいい)

天気がいい

(びょうきになりそうなほどまぶしいひざしのなか)

病気になりそうなほど眩しい日差しの中

(することもないからきみとだべっていた)

することもないから君と駄弁っていた

(でもまぁなつはきらいかな)

「でもまぁ夏は嫌いかな」

(ねこをなでながらきみはふてぶてしくつぶやいた)

猫を撫でながら君はふてぶてしくつぶやいた

(あぁにげだしたねこのあとをおいかけて)

あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて

(とびこんでしまったのは)

飛び込んでしまったのは

(あかにかわったしんごうき)

赤に変わった信号機

(ばっととおったとらっくが)

バッと通ったトラックが

(きみをひきずってなきさけぶ)

君を轢きずって鳴き叫ぶ

(ちしぶきのいろきみのかおりとまざりあって)

血飛沫の色、君の香りと混ざり合って

(むせかえった)

むせ返った

(うそみたいなかげろうがうそじゃないぞってわらってる)

嘘みたいな陽炎が「嘘じゃないぞ」ってわらってる

(なつのみずいろかきまわすようなせみのねにすべてくらんだ)

夏の水色、かき回すような蝉の音にすべて眩んだ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。