とても素敵な六月でした 歌詞打

投稿者理人プレイ回数17029順位1874位  お気に入り2
楽曲情報 とても素敵な六月でした  EIGHT  作詞EIGHT  作曲EIGHT
難易度(3.3) 1077打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 歌詞打 ボカロ 初音ミク Eight
『とても素敵な六月でした』の歌詞打です。
『とても素敵な六月でした』



作詞作曲編曲 Eight
唄 初音ミク
※このタイピングは「とても素敵な六月でした」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 hyaaaha- 7998 8.3 96.3% 127.9 1063 40 27 2021/10/26
2 7484 8.0 93.9% 132.8 1063 69 27 2021/10/29
3 のえる 7168 7.4 96.6% 144.1 1070 37 27 2021/10/07
4 tower 6478 S 6.8 95.0% 155.6 1064 56 27 2021/10/13
5 オタクちゃん 6440 S 7.0 91.5% 150.3 1066 98 27 2021/11/07

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つぶされたわたしのたいくはひどくもろいこけいとかして)

潰された私の体躯は酷く脆い固形と化して

(おとひとつしないしがいちでいまいましいふしょうをのろうのさ)

音ひとつしない市街地で忌々しい不祥を呪うのさ

(どうとくのむこうがわであなたはほえている)

道徳の向う側であなたは吠えている

(たんぱくなことばのうらがわがすけているよ)

淡泊な言葉の裏側が透けているよ

(まひるのむさいしょくをふおんないろにして)

真昼の無彩色を不穏な色にして

(ほんとうにばかなうそつき)

本当に馬鹿な嘘つき

(かおるなつかぜにさそわれてかすむしにがみもないていた)

薫る夏風に誘われて霞む死神も泣いていた

(はじまりのあいずがとどろいてむせぶひこうきぐも)

始まりの合図が轟いて咽ぶ飛行機雲

(へいそくとせんのよまいごとでまわるうんだせかいがおわるまえに)

閉塞と千の世迷言で回る膿んだ世界が終る前に

(ゆめのなかさえもずっとやきつけたいの)

夢の中さえもずっと、焼きつけたいの

(くたびれたかいてんもくばみたくもないぎまんのさんぶつ)

草臥れた回転木馬、見たくもない欺瞞の産物

(しくまれたさんげきのおかにさいたれんげはかれるのだろう)

仕組まれた惨劇の丘に咲いた蓮華は枯れるのだろう

(わたしをうがっていくみにくいとうめい)

私を穿っていく醜い透明

(はいいろのこころがむすうにひめいをあげるの)

灰色の心が無数に悲鳴を上げるの

(はいとくのしろいいきもしだいにはくぎんが)

背徳の白い息も次第に白銀が

(おおいかくしてしまうよ)

覆い隠してしまうよ

(しめるまちかどにとびちったえぐるかんかくをはなつのさ)

湿る街角に飛び散った抉る感覚を放つのさ

(ほえるまいごいぬをほうむってこくえんのたつそらに)

吠える迷子犬を葬って黒煙の立つ空に

(といかけとせんのきれいごとでまわるうんだせかいのおわりなんて)

問い掛けと千の綺麗事で回る膿んだ世界の終りなんて

(あっけのないくらいでいいとはきすてたいの)

呆気の無いくらいでいいと、吐き捨てたいの

(わめくふみきりがさえぎってこれですべておわりなんだろう)

喚く踏切が遮って、これで全て終りなんだろう

(さよならのあいずがとどろいてとけるひこうきぐも)

さよならの合図が轟いて溶ける飛行機雲

(がなるうつしよのきょうかいでおろかなあなたはないていた)

がなる現世の境界で愚かなあなたは泣いていた

(かおるなつかぜにさそわれてかなしくなどないさ)

薫る夏風に誘われて、悲しくなどないさ

(てんごくもじごくもないのなら)

天国も地獄も無いのなら

(こんなどろまみれのげんじつをだれがさばけるの)

こんな泥塗れの現実を誰が裁けるの

(とうかまたあいましょう)

透過、「また会いましょう」

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

理人のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971