みゃ行タイピング(みゃぎょうの最適化)

背景
投稿者投稿者deathcicadaいいね1お気に入り登録1
プレイ回数532難易度(3.2) 1532打 長文 かな
みゃぎょうの最適化
mを親指でや、よをうつ。
ただ、みゅのmyuのyuはゆの最適化をする。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 吉良フロスト 3987 D++ 4.2 93.6% 126.9 543 37 20 2024/05/09

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(みゃーちゃんのみゃくはくをはかる)

みゃーちゃんの脈拍を測る

(ねこのなきごえはみゃーみゃーにゃーにゃー)

猫の鳴き声はみゃーみゃー?にゃーにゃー?

(みゅーつー)

ミューツー

(みゃくみゃくとうけつがれてきた)

脈々と受け継がれてきた

(こうみょうなてぐちにだまされる)

巧妙な手口にだまされる

(かんみょうはじょうみょうじゃなくかんみょう)

上名はじょうみょうじゃなくかんみょう

(みょうあんがあればたまわりたい)

妙案があれば賜りたい

(なんみょうほうれんげきょう)

何妙法蓮華経

(みょうねん)

明年

(みょうばつとはてんばつのこと)

冥罰とは天罰のこと

(みょうばんはかんじでみょうばん)

みょうばんは漢字で明礬

(みょうやく)

妙薬

(みょうりにつきるとはあるたちばきょうぐうにあることによってうけるおんけい)

冥利に尽きるとはある立場境遇にあることによって受ける恩恵

(みゅーととはむおんにすること)

ミュートとは無音にすること

(みゅーずとはぎりしあしんわでぶんげいなどのちてきかつどうをつかさどるめがみ)

ミューズとはギリシア神話で文芸などの知的活動を司る女神

(のみゃーはのんで)

飲みゃーは飲んで

(みゃーみゃーいってうるさい)

みゃーみゃーいって五月蠅い

(なりとぅゆんみゃーくほうげんたいかい)

鳴りとぅゆんみゃーく方言大会

(んみゃーち)

ンミャーチ

(ふどうみょうおう)

不動明王

など

(ごうざんぜみょうおうとはあしゅくにょらいのめいをうける、ふどうみょうおうについでのみょうおう)

降三世明王とは阿閃如来の命を受ける、不動明王に次いで格の高い明王

(ぐんだりみょうおうとはほうしょうにょらいのめいをうけ、さまざまなしょうがいをとる)

軍荼利明王とは宝生如来の命を受け、様々な障害を取る

(だいいとくみょうおうとはあみだにょらいのめいをうけ、あくのいっさいをこうふくさせます)

大威徳明王とは阿弥陀如来の命を受け、悪の一切を降伏させます

(うすさまみょうおうはよのいっさいのけがれとあくとをやきつくすとされています)

烏枢沙摩明王は世の一切の穢れと悪とを焼き尽くすとされています

(みゅさん)

みゅさん

(までみゅー)

までミュー

(さんみゅー)

サンミュー

(みゅーちゅあるとはそうごの)

ミューチュアルとは相互の

(いつもばすでがっこうへこみゅーとする)

いつもバスで学校へコミュートする

(みゅーかすとはねんえき)

ミューカスとは粘液

(よにんぐみあいどるぐるーぷみゅーふぁい)

4人組アイドルグループみゅーふぁい

(みゅのにほんごたんごはごくまれ)

みゅの日本語単語はごくまれ

(まみゅうだはまみゅうだとよむ)

豆生田はまみゅうだとよむ

(みゅーずりーおいしい)

ミューズリーおいしい

(みゅーりゅうし)

ミュー粒子

(みゅーろけっと)

ミューロケット

(みゅらーすいすのぶつりがくしゃ)

ミュラースイスの物理学者

(みゅらーすいすのかがくしゃ)

ミュラースイスの化学者

(みゅらーどいつのじょじょうしじん)

ミュラードイツの抒情詩人

(みゅらーいぎりすのひかくげんごがくしゃ、しゅうきょうがくしゃ)

ミュラーイギリスの比較言語学者、宗教学者

(みゅらーどいつのげきさっかえんしゅつか)

ミュラードイツの劇作家・演出家

(みゅらーかん)

ミュラー管

(みゅるだーる)

ミュルダール

(みゅろんとはこだいぎりしあのちょうこくか)

ミュロンとは古代ギリシアの彫刻家

(みゅんへんかいだん)

ミュンヘン会談

(みゅんへんとはどいつなんぶ、ばいえるんしゅうのしゅうと)

ミュンヘンとはドイツ南部、バイエルン州の州都

(みょうでん、みょうだい)

名田、名代

(みょうなやつだ)

妙なやつだ

(みゃんまー)

ミャンマー

(みゃんまーごはしなちべっとごぞくのみゃおやおごはにぞくする)

ミャンマー語はシナチベット語族のミャオ・ヤオ語派に属する

(みゃおぞくはみゃんまー、ちゅうごくなんぶなどのさんちですむみんぞくのこと)

ミャオ族はミャンマー、中国南部などの山地で住む民族のこと

(ぶんみゃくをよみとれ)

文脈を読み取れ

(みゃくらくとはちのながれるみゃっかん)

脈絡とは血の流れる脈管

(みゃくりゅうとはながれのりょうがときどきへんかするようなでんきまたはりゅうたいのながれ)

脈流とは流れの量が時々変化するような電気または流体の流れ

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

deathcicadaのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード