嵐 台風ジェネレーション

投稿者しじみプレイ回数249
楽曲情報 台風ジェネレーション  嵐  作詞久保田 洋司  作曲馬飼野 康二
難易度(4.0) 60秒 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「台風ジェネレーション」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まちをみおろすおかからあのひぼくらはなにをみてたやっとふたりきりになれた)

街を見おろす丘から あの日僕らは何を見てた やっと 二人きりになれた

(てれながらあのひあすのあさはやくぼくはのぼりのでんしゃにのるんだね)

照れながら あの日 「明日の朝早く僕は 上りの電車に乗るんだね」

(そつぎょうのあとのこうしゃちいさくみつけたいかないでとひとことつぶやいたきみ)

卒業のあとの校舎 小さく 見つけた 行かないでと一言 つぶやいた君

(あのときぼくはみえないゆめをいだいていたはなれていても)

あの時 僕は 見えない 夢を いだいていた 離れていても

(きっといつまでもきみのことをおもっているよといったこころがいまさら)

きっといつまでも 君のことを 思っているよと 言った心が いまさら

(うずいてたまらないよきみにさよならでんわでつげたすぎてゆく)

うずいて たまらないよ 君にさよなら 電話で告げた 過ぎてゆく

(きせつのなかにあえないじかんにもきょりにもかてないぼくらがいた)

季節の中に 会えない 時間にも 距離にも 勝てない 僕らがいた

(ぼくのこーとのうらにはきみのせーたーのいろがのこりきすのときのかおりがきえずにある)

僕のコートの裏には 君のセーターの色が残り キスの時の香りが消えずにある

(どこかおとなびてみえたあれはくちべにのせいだっていまならさまざまに)

どこか 大人びて見えた あれは口紅のせいだって 今なら さまざまに

(おもいあたることもあるがかたみちのきっぷをふざけたふりでとりあげきみは)

思い当たることも あるが 片道の切符を ふざけたふりで とりあげ 君は

(むりしてみょうにはしゃいでいたはなれたらもうだめになるよと)

無理して 妙にはしゃいでいた 離れたらもう 駄目になるよと

(きみがうつむくのうちけしてぼくはこーとでふるえるそのかたつつみこんだ)

君がうつむくの 打ち消して 僕はコートで ふるえる その肩 つつみこんだ

(こんなにえがおおもいだすのにそこでとぎれてしまうきみわすれてしまっても)

こんなに笑顔 思い出すのに そこで途切れてしまう君 忘れてしまっても

(わすれはしないよむねのどこかがいかないでとひとことつぶやいたきみあのとき)

忘れはしないよ 胸のどこかが 行かないでと一言 つぶやいた君 あの時

(ぼくはみえないゆめをいだいていたきみにさよならでんわでつげた)

僕は 見えない 夢を いだいていた 君にさよなら 電話で告げた

(すぎてゆくきせつのなかにあえないじかんにもきょりにもかてない)

過ぎてゆく 季節の中に 会えない 時間にも 距離にも 勝てない

(ぼくらがいたまちをみおろすおかからあのひきみがみていたなにかを)

僕らがいた 街を見おろす丘からあの日 君が見ていた 「何か」 を

(このごろふいにわかったきがすることもあるよきみにであったきみにこいした)

このごろ不意に わかった気がする こともあるよ 君に出逢った 君に恋した

(このからだのおくにずっときみとみつめていたけしきがいつでもながれている)

この体の奥に ずっと 君と見つめていた 景色がいつでも 流れている

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。