スポンサーリンク
投稿者バルハン プレイ回数158 順位1706位
楽曲情報 虹  高橋 優  作詞高橋 優  作曲高橋 優
難易度(4.4) 1639打 歌詞 タグ高橋優 甲子園
2017年 熱闘甲子園 テーマソング
※このタイピングは「虹」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 723 5727 「高橋優ヘビーリスナー」 5.8 97.6% 275.7 1618 39 39 2019/07/31

関連タイピング

第101回全国高等学校野球選手権大会出場校

第101回全国高等学校野球選手権大会出場校

プレイ回数361
かな598打
オモイダマ

オモイダマ

KJ∞

プレイ回数8269
歌詞かな1486打
明日はきっといい日になる

明日はきっといい日になる

高橋優さんの明日はきっといい日になるです

プレイ回数2158
歌詞かな1044打
Halation/秦基博

Halation/秦基博

2009甲子園テーマソング

プレイ回数77
歌詞かな755打
裸の王国

裸の王国

高橋優「裸の王国」です

プレイ回数197
歌詞1340打
悲しみのない場所

悲しみのない場所

プレイ回数463
歌詞かな441打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(じんせいのよしあしをさばくるーるなんかないのに)

人生の善し悪しを裁くルールなんか無いのに

(じょうしきだかくしきだはみだせばたっちあうとだとがんじがらめのまいにち)

常識だ格式だはみ出せばタッチアウトだと雁字搦めの毎日

(だからおてほんどおりいうとおりおりこうなふりをして)

だからお手本通り言う通りお利口なフリをして

(くうきよんでことばのんだじぶんじゃないじぶんがうずきだしてきたんなら)

空気読んで言葉飲んだ自分じゃない自分がうずき出してきたんなら

(まえへまえへすうせんちめーとるずつでいいから)

前へ 前へ 数cmずつでいいから

(たえてまえへついさっきはでにころんだばっかで)

耐えて 前へ ついさっき派手に転んだばっかで

(わらわれてるしあっちこっちいたむけど)

笑われてるし あっちこっち痛むけど

(それくらいがじょうとうだろまたたちあがろう)

それくらいが上等だろ また立ち上がろう

(あのそらよりあおくたいようよりまぶしい)

あの空より青く 太陽より眩しい

(たとえどろにまみれてもきずだらけでないてても)

たとえ泥にまみれても 傷だらけで泣いてても

(またはしりだすせなかはただうつくしい)

また走り出す背中はただ美しい

(そのてをかざせばゆめにとどきそうだ)

その手をかざせば 夢に届きそうだ

(きせきをまちはしないよそれをおこしにいくんだろう)

奇跡を待ちはしないよ それを起こしに行くんだろう

(こぼれたなみだにひがさせばにじがかかるよ)

こぼれた涙に日が差せば虹がかかるよ

(いまじゃなくてもいいやのたいむましーんにのっちまえば)

‘今じゃなくてもいいや’のタイムマシーンに乗っちまえば

(てきとうにじかんをつぶしたまんまじんせいおわらせちまえるらしい)

適当に時間をつぶしたまんま人生終わらせちまえるらしい

(さいごにこころからないたのはいつごろだったっけ)

最後に心から泣いたのはいつ頃だったっけ?

(さいごにきみとこころからわらいあえたのはいつごろだったっけ)

最後に君と心から笑いあえたのはいつ頃だったっけ?

(やぶれかけてもとのかたちがわかんなくなるほど)

破れ 欠けて 元の形が分かんなくなるほど

(かけてすれてすこしまえのぼくだったらここらであきらめてたな)

欠けて スレて 少し前の僕だったらここらで諦めてたな

(てきとうにいいのがれまあこれでじゅうぶんだろじぶんらしいやと)

適当に言い逃れ ‘まあこれで十分だろ自分らしいや’と

(ぶざまをさらしてもまちがえてばかりでも)

無様をさらしても 間違えてばかりでも

(まけるわけにはいかないかちつづけなきゃいけない)

負けるわけにはいかない 勝ち続けなきゃいけない

(「やめちまえばいい」「あきらめろ」とささやくじぶんに)

「やめちまえばいい」「諦めろ」と囁く自分に

(そのてをかざしてもまだとどかなくても)

その手をかざしても まだ届かなくても

(きせきをまちはしないよそれをおこしにいくんだろう)

奇跡を待ちはしないよ それを起こしに行くんだろう

(ながれおちたあせにひがさすそのとき)

流れ落ちた汗に日が差すそのとき

(きみがみたこどくやきぼうがそのいっきいちゆうが)

君が見た孤独や希望がその一喜一憂が

(このよのどこかのだれかのかなしみのあめのあとのそらを7いろにかえていく)

この世のどこかの誰かの悲しみの雨のあとの空を7色に変えていく

(まえへまえへすうせんちめーとるずつでいいから)

前へ 前へ 数cmずつでいいから

(たえてまえへたちあがることのいみをしるために)

耐えて 前へ 立ち上がることの意味を知るために

(ひとはころんだりなみだしたりするんだろう)

人は転んだり涙したりするんだろう

(それくらいがじょうとうだろまたたちあがろう)

それくらいが上等だろ また立ち上がろう

(あのそらよりあおくたいようよりまぶしい)

あの空より青く 太陽より眩しい

(たとえどろにまみれてもきずだらけでないてても)

たとえ泥にまみれても 傷だらけで泣いてても

(またはしりだすせなかはただうつくしい)

また走り出す背中はただ美しい

(そのてをかざせばゆめにとどきそうだ)

その手をかざせば 夢に届きそうだ

(きせきをまちはしないよそれをおこしにいくんだろう)

奇跡を待ちはしないよ それを起こしに行くんだろう

(こぼれたなみだにひがさせばにじがかかるよ)

こぼれた涙に日が差せば虹がかかるよ

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。