三銃士打2

スポンサーリンク
投稿者三笠 プレイ回数95 順位11664位
三銃士のお話を打つ。・・・うん。
・・・・・・

関連タイピング

こわいはなし打2

こわいはなし打2

ゆうめいなやつだわ

プレイ回数1383
長文784打
怖い話打1

怖い話打1

有名なやつだね

プレイ回数1523
長文1076打
犬打

犬打

わんわん!

プレイ回数337
かな60秒
境界のりんねタイピング

境界のりんねタイピング

りんねだわ。

プレイ回数262
短文かな60秒
駄洒落打

駄洒落打

時計はほっとけーw

プレイ回数120
かな60秒
孫の代まで 1

孫の代まで 1

台詞は自己紹介のあれ。

プレイ回数147
歌詞かな404打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(「わたしをわらうゆうきがないのでわたしのうまをわらったのだろう」)

「私を笑う勇気がないので私の馬を笑ったのだろう」

(いってせいねんはふりかえり)

言って青年は振り返り

(こうほうにつながれているじぶんのうまをみた)

後方につながれている自分の馬を見た

(そのうごきにつられてきしやせいねんをとりまいていたひとびとも)

その動きにつられて騎士や青年を取り巻いていた人々も

(うまのほうへめをむけたが、これが)

馬の方へ目を向けたが、これが

(なんともきみょうなうまであった)

何とも奇妙な馬であった

(としは12,3さいで)

としは12,3歳で

(けなみはきいろである)

毛並みは黄色である

(ひざしのあたっているぶぶんはおれんじいろにすらみえた)

日差しの当たっている部分はオレンジ色にすら見えた

(おにはけがなくすねにできものがあり)

尾には毛がなく脛にできものがあり

(くわえてあたまをひざよりさげているために)

加えて頭を膝より下げているために

(まるでしょぼくれたかんじがするのだった)

まるでしょぼくれた感じがするのだった

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。