三銃士打3

スポンサーリンク
投稿者三笠 プレイ回数74 順位11664位
三銃士のお話を打つ。・・・うん。
・・・・・・

関連タイピング

こわいはなし打2

こわいはなし打2

ゆうめいなやつだわ

プレイ回数1422
長文784打
怖い話打1

怖い話打1

有名なやつだね

プレイ回数1529
長文1076打
犬打

犬打

わんわん!

プレイ回数344
かな60秒
境界のりんねタイピング

境界のりんねタイピング

りんねだわ。

プレイ回数264
短文かな60秒
駄洒落打

駄洒落打

時計はほっとけーw

プレイ回数121
かな60秒
孫の代まで 1

孫の代まで 1

台詞は自己紹介のあれ。

プレイ回数150
歌詞かな404打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとびとはわらいをこらえる)

人々はわらいをこらえる

(それをさっしてせいねんはいっそうきりたち)

それを察して青年は一層切り立ち

(なぎはらうようにじぶんのまわりのひとがきをにらみまわした)

薙ぎ払うように自分の周りの人垣を睨みまわした

(そのせいでそれまでどちらのみかたでもなかったひとびとも)

そのせいでそれまでどちらの見方でもなかった人々も

(すっかりこのせいねんにはんかんをもってしまった)

すっかりこの青年に反感を持ってしまった

(「わたしがなにをわらおうとわたしのじゆうではないか」)

「私が何を笑おうと私の自由ではないか」

(ちゅうねんのきしのおちついたことばにひとびとは)

中年の騎士の落ち着いた言葉に人々は

(いっせいにさんどうのこえをあげる)

一成に賛同の声を上げる

(こりつしたせいねんはくつじょくのあまりみみのはしまであかくなった)

孤立した青年は屈辱のあまり耳の端まで赤くなった

(きしはうすわらいをうかべてせいねんにせなかをむける)

騎士は薄笑いを浮かべて青年に背中を向ける

(「まて」)

「まて」

(いうなりせいねんはつるぎにてをかけぬきはなった)

いうなり青年は剣にてをかけ抜き放った

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。