三銃士打23

投稿者三笠プレイ回数74
難易度(4.2) 733打 長文タグ三銃士 さんじゅうし おはなし お話
三銃士のお話を打つ。・・・うん。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(へやのあかりとりにはっているゆいひとつのまどをあけるとそこから)

部屋の明り取りに張っている唯一つの窓を開けるとそこから

(ぱりのまちをみわたすことができた)

パリの街を見渡すことができた

(いちめんにひろがるやねがわらとえんとつ)

一面に広がる屋根瓦と煙突

(とおくかすむもんまるとるのおか)

遠くかすむモンマルトルの丘

(ところどころでしろくかがやいてうねるせーぬがわ)

所々で白く輝いてうねるセーヌ川

(まるでぱりがじぶんのものになったかのようなきぶんでだるたにゃんは)

まるでパリが自分のものになったかのような気分でダルタニャンは

(まんぞくしそこをかりることにしたのだった)

満足し底を借りることにしたのだった

(そのよるだるたにゃんはぱりのやけいをみおろしながらただ1まいの)

その夜ダルタニャンはパリの夜景を見下ろしながらただ1枚の

(じぶんのふくのやぶれめをつくろったついにあしたとれヴぃるこうのかんに)

自分の服の破れ目を繕ったついに明日トレヴィル公の館に

(うかがうのだとおもうときたいでむねがふるえた)

うかがうのだと思うと期待で胸が震えた

(このままではねむれないのではとしんぱいになるほどだったがそまつなしんだいに)

このままでは眠れないのではと心配になるほどだったが粗末な寝台に

(はいるとすぐさまふかいねむりにおちたやすらかなそのねむりは)

入るとすぐさま深い眠りに落ちた安らかなその眠りは

(なんとよくあさくじまでつづいたのである)

なんと翌朝九時まで続いたのである

(だるたにゃんはどんなことがあってもよくねむれるむくなたましい)

ダルタニャンはどんなことがあってもよく眠れる無垢な魂

(つまりまだこどものはんちゅうをでていないたましいをもったわかものであった)

つまりまだ子供の範疇を出ていない魂を持った若者であった

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

三笠のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード