三銃士打25

投稿者三笠プレイ回数86
三銃士のお話を打つ。・・・うん。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まっすぐすすんでかいだんのところまでくるとそこではにじゅうにんほどのじゅうしが)

まっすぐ進んで階段のところまで来るとそこでは二十人ほどの銃士が

(つるぎのれんしゅうをしていたみればかれらがてにしているのはれんしゅうようの)

剣の練習をしていた見れば彼らが手にしているのは練習用の

(はのついていないけんではなくしんけんであった)

刃のついていない県ではなく真剣であった

(だれかがきずつきちがながれるとまわりからひやかしのこえがかかり)

誰かが傷つき血が流れると周りから冷やかしの声がかかり

(ほんにんもふくめぜんいんがどっとわらいくずれる)

本人も含め全員がどっと笑い崩れる

(だるたにゃんはじぶんにはとてもこんなだいたんなふざけかたはできないとおもった)

ダルタニャンは自分にはとてもこんな大胆なふざけ方はできないと思った

(きずつけばあたまにちがのぼってわらうどころのさわぎではなくなるからである)

傷つけば頭に血が上って笑うどころの騒ぎではなくなるからである

(だるたにゃんはじぶんのちいささをかみしめた)

ダルタニャンは自分の小ささをかみしめた

(ひとりできょじんのくににはいってきてしまったようにおもえ)

一人で巨人の国に入ってきてしまったように思え

(こころぼそくなりながらけんめいにかいだんをのぼる)

心細くなりながら懸命に階段を上る

(おどりばまでたどりつくとそこでは)

踊り場までたどり着くとそこでは

(ちがったぐるーぷのじゅうしたちがじょせいのはなしをしていた)

違ったグループの銃士たちが女性の話をしていた

(だるたにゃんはみみのはしまであかくならずにはいられなかった)

ダルタニャンは耳の端まで赤くならずにはいられなかった

(もちろんだるたにゃんはいままでじょせいとつきあったことがないわけではない)

もちろんダルタニャンは今まで女性と付き合ったことがないわけではない

(だがじゅうしたちのはなしはたいへんろこつだったのである)

だが銃士たちの話はたいへん露骨だったのである

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

三笠のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード