三銃士打27

投稿者三笠プレイ回数76
難易度(4.1) 1310打 長文タグ三銃士 さんじゅうし おはなし お話
三銃士のお話を打つ。・・・うん。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そのうちにとれヴぃるけのしつじがだるたにゃんのすがたにきづき)

そのうちにトレヴィル家の執事がダルタニャンの姿に気づき

(こえをかけてくれた)

声をかけてくれた

(だるたにゃんがようけんをつげるとしつじはおくにはいっていき)

ダルタニャンが用件を告げると執事は奥に入っていき

(しばらくしてでてきていった)

しばらくして出てきて言った

(「とれヴぃるこうがおまちになっておられます どうぞ」)

「トレヴィル公がお待ちになっておられます どうぞ」

(だるたにゃんはこのぼうじゃくぶじんなひとびとからはなれられるのがうれしくて)

ダルタニャンはこの傍若無人な人々から離れられるのが嬉しくて

(いそいでとれヴぃるこうのいまにはいった)

急いでトレヴィル公の居間に入った

(もちろんちちからいわれたことばはしっかりとおぼえており)

もちろん父から言われた言葉はしっかりと覚えており

(いまのでいりぐちではゆかにあたまがつきそうなほどふかくおじぎをした)

今の出入り口では床に頭が付きそうなほど深くお辞儀をした

(「わたしのなはだるたにゃんともうします)

「私の名はダルタニャンと申します

(がすこーにゅちほうのたるぶうまれです」)

ガスコーニュ地方のタルブ生まれです」

(とれヴぃるこうはおおきなつくえのむこうでほほえんだ)

トレヴィル公は大きな机の向こうでほほ笑んだ

(だるたにゃんのれいぎただしいたいどをきにいり)

ダルタニャンの礼儀正しい態度を気に入り

(またがすこーにゅなまりのことばにじぶんのこきょうをおもいだして)

またガスコーニュなまりの言葉に自分の故郷を思い出して

(しみじみとしたきぶんになったのだった)

しみじみとした気分になったのだった

(「ここにちちからてがみをあずかってきております」)

「ここに父から手紙を預かってきております」

(とれヴぃるこうはもっとちかくによるようにだるたにゃんにあいずをおくった)

トレヴィル公はもっと近くによるようにダルタニャンに合図を送った

(だるたにゃんはあゆみよりみをのりだしたとれヴぃるこうのてにしょうかいじょうをわたす)

ダルタニャンは歩み寄り身を乗り出したトレヴィル公の手に紹介状を渡す

(とれヴぃるこうはそれをすっかりよんでからめをあげ)

トレヴィル公はそれをすっかり読んでから目を上げ

(しょうしょうきびしいひょうじょうでだるたにゃんをみた)

少々厳しい表情でダルタニャンを見た

など

(「ふういんがやぶれている)

「封印が破れている

(わたしがよむまえにきみがよんだのかね?」)

私が読む前に君が読んだのかね?」

(だるたにゃんはくびをよこにふりせんじつまんのやどやでおこったこと)

ダルタニャンは首を横に振り先日マンの宿屋で起こったこと

(みたこときいたことをせいかくにうちあけた)

見たこと聞いたことを正確に打ち明けた

(とれヴぃるこうはしだいにしんけんなかおつきになりくいいるようにききいっていたが)

トレヴィル公は次第に真剣な顔つきになり食い入るように聞き入っていたが

(ちゅうねんのきしとみれでぃとよばれたうつくしいじょせいのはなしになると)

中年の騎士とミレディと呼ばれた美しい女性の話になると

(ひとみをそこからひからせてさけんだ)

瞳を底から光らせて叫んだ

(「そのちゅうねんのくろかみのきしはこめかみにきずがあったのではないか?」)

「その中年の黒髪の騎士はこめかみに傷があったのではないか?」

(だるたにゃんはおおきくうなずきながら)

ダルタニャンは大きくうなずきながら

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

三笠のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード