三銃士打32

投稿者三笠プレイ回数138
難易度(4.0) 814打 長文タグ三銃士 さんじゅうし はなし おはなし
三銃士のお話を打つ。。。
めちゃくちゃ間空いてしまった。。。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だるたにゃんはじゅうしたちをおしのけてひかえのまをよこぎり)

ダルタニャンは銃士たちを押しのけて控えの間を横切り

(なだれおちるようにかいだんをはしりおりた)

なだれ落ちるように階段を走り下りた

(ところが、なかほどにあるおどりばまできたときわきのとびらからでてきた)

ところが、中ほどにある踊り場まで来たときわきの扉から出てきた

(がっしりしたじゅうしのかたにぶつかってしまったのだった)

がっしりした銃士の肩にぶつかってしまったのだった

(「すみません」)

「すみません」

(だるたにゃんはしたにつうじるかいだんにあしをかけながらいった)

ダルタニャンは下に通じる階段に足をかけながら言った

(「いそいでいるのですゆるしてください」)

「急いでいるのです許して下さい」

(そのままいきすぎようとしたしゅんかんうしろからのびたうでにつかまれた)

そのまま行きすぎようとした瞬間後ろから伸びた腕につかまれた

(「いそいでいる...だと」)

「急いでいる...だと」

(だるたにゃんがふりむくとじゅうしはあおざめたかおをくつうにゆがめていた)

ダルタニャンが振り向くと銃士は青ざめた顔を苦痛にゆがめていた

(よくみるとじゅうしふくのくびもとからほうたいがみえる)

よく見ると銃士服の首元から包帯が見える

(けがをしているらしい)

怪我をしているらしい

(だるたにゃんはもうしわけないきもちでいっぱいになった)

ダルタニャンは申し訳ない気持ちでいっぱいになった

(「すみません、けがをなさっているとはしらなかったのです)

「すみません、怪我をなさっているとは知らなかったのです

(でもほんとうにいそいでいてどうしてもいかねばならないのです)

でも本当に急いでいてどうしても行かねばならないのです

(てをはなしてください」)

手を放してください」

(じゅうしはなおもつよくだるたにゃんをひきよせながらかみつくようにいった)

銃士はなおも強くダルタニャンを引き寄せながら噛みつくように言った

(「ではのちほどけっちゃくをつけようではないか)

「では後ほど決着をつけようではないか

(れいぎさほうをおしえてやる。このいなかのわかぞうめ」)

礼儀作法を教えてやる。この田舎の若造め」

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

三笠のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード