家路につくデュティユル

投稿者ジュウニッシープレイ回数131お気に入り1
楽曲情報 家路につくデュティユル  劇団四季  作詞AYME MARCEL ANDRE  作曲LEGRAND MICHEL JEAN
劇団四季【壁抜け男】の劇中歌、家路につくデュティユルの歌詞です
※このタイピングは「家路につくデュティユル」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しごとおえてたそがれどきに)

仕事終えて たそがれ時に

(ひとりかえるいつも)

一人帰る いつも

(きままにすごすじぶんのじかん)

気ままに過ごす 自分の時間

(のんびりしてすきなことをする)

のんびりして 好きなことをする

(ばらにみずをやるきってをあつめる)

薔薇に水をやる 切手を集める

(やがてあかりけししずかにべっどへ)

やがて明かり消し 静かにベッドへ

(きょうがおわるむなしいけど)

今日が終わる むなしいけど

(ひとりながすなみだもかわいて)

一人流す 涙も乾いて

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!