風に流離い

投稿者じいちゃんプレイ回数000
楽曲情報 風に流離い  amazarashi  作詞秋田 ひろむ  作曲秋田 ひろむ
難易度(3.9) 1769打 歌詞 かな 長文モード可タグamazarashi 歌詞 かな ねえママ あなたの言うとおり
背景画像は、フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) さんからお借りしました。 Photo カズキヒロさん
※このタイピングは「風に流離い」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • フィクサー

    フィクサー

    ボカロ曲のフィクサーです

    プレイ回数19398
    歌詞957打
  • 雨言葉/Rain Drops

    雨言葉/Rain Drops

    2020年11/25発売 Rain Drops『雨言葉』

    プレイ回数18
    歌詞1286打
  • 性善説 amazarashi

    性善説 amazarashi

    プレイ回数524
    歌詞1528打
  • 左耳

    左耳

    クリープハイプの踊り場から愛を込めてより「左耳」

    プレイ回数1580
    歌詞580打
  • 季節は次々死んでいく

    季節は次々死んでいく

    東京喰種√A EDのFullです

    プレイ回数4604
    歌詞かな1394打
  • JYPアーティスト名

    JYPアーティスト名

    JYPエンタに所属しているアーティスト名、グループ名

    プレイ回数1802
    短文90秒

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かのじょにふられたんですよとしんりょうないかのせんせいに)

「彼女に振られたんですよ」 と心療内科の先生に

(そうだんしたらじごうじとくだとせっきょうされてかえされた)

相談したら 自業自得だと説教されて帰された

(にどとくるかこのやぶいしゃわるいのはひゃくもしょうちだ)

二度と来るかこのヤブ医者 悪いのは百も承知だ

(ってひらきなおれるほどつよくないさながらじこけんおのふきだまり)

って開き直れる程強くない さながら自己嫌悪の吹きだまり

(ゆめとかきぼうとかみらいはいまのぼくにとってはおどしだ)

夢とか希望とか未来は 今の僕にとっては脅しだ

(そのたぐいのまんがしょうせつえいがおんがくはしげんごみ)

その類いの漫画 小説 映画 音楽は資源ゴミ

(むかしはゆめもあるにはあったそのゆめがまくらもとでほざく)

昔は夢もあるにはあった その夢が枕元でほざく

(おまえじゃだめだこのやくたたずとくべつとおもうなごみくず)

「おまえじゃ駄目だこの役立たず 特別と思うなゴミ屑」

(ゆめなんてないきたいしてないむきりょくのまるでいきてるしたい)

夢なんて無い 期待してない 無気力のまるで生きてる死体

(だけどわずかにじくじたるおもいいきてるぷらいどはすてきれない)

だけどわずかに 忸怩たる思い 生きてるプライドは捨てきれない

(おそいよなかにふいにないたりいったりきたりのぎりぎりのさいん)

遅い夜中に 不意に泣いたり 行ったり来たりのギリギリのサイン

(つきがよぞらによゆうでうかびはやくあさよこいとねがうばかり)

月が夜空に 余裕で浮かび 早く朝よ来いと願うばかり

(やるしかないところにまできづけばおいつめられてたんだ)

やるしかない所にまで 気付けば追いつめられてたんだ

(ほうほうやしゅだんはえらべないぼんようなぼくさいのうふざい)

方法や手段は選べない 凡庸な僕 才能不在

(いどんではへましてなやんでいつからかそれがたのしくて)

挑んではヘマして悩んで いつからかそれが楽しくて

(わらわれたのはかずかぎりなくそのたびむきになるあまのじゃく)

笑われたのは数限りなく その度ムキになる天の邪鬼

(じきゅういくらよめいきりうりのこされたじかんにいらだち)

時給幾ら余命切り売り 残された時間に苛立ち

(ときにうらぎられたりしたよでもそれがかてになりゃもうけもの)

時に裏切られたりしたよ でもそれが糧になりゃ儲け物

(うしなうものなんてなにもないてにするほうがおおいくらい)

失うものなんて何も無い 手にする方が多いくらい

(しんださかなのめのしょうねんぼくはおまえにかんしゃするぜ)

死んだ魚の眼の少年 僕はお前に感謝するぜ

(ゆめなんてないきたいしてないむきりょくのまるでいきてるしたい)

夢なんて無い 期待してない 無気力のまるで生きてる死体

(ひっしなやつにうしろゆびさしあざわらったやつをみかえしたい)

必死な奴に 後ろ指差し 嘲笑った奴を見返したい

(ってのはたてまえみとめられたいがもくてきのしがないうたうたい)

ってのは建前 認められたい が目的のしがない唄うたい

(かちなんてないまけなんてないしぬまでつづくぶざまなたたかい)

勝ちなんてない 負けなんてない 死ぬまで続く無様な戦い

(てをさしのべてくれたひとにほんとにかんしゃしてるんだよ)

手を差し伸べてくれた人に ホントに感謝してるんだよ

(もうすこしとっておくべきだろうかばんいっぱいのありがとう)

もう少し取って置くべきだろう 鞄一杯のありがとう

(やるべきことつたえるべきことなまけりゃそこでとだえるこうろ)

やるべき事伝えるべき事 怠けりゃそこで途絶える航路

(たにんではなくめんぼくじゃなくじぶんのためにいまはうたいたい)

他人ではなく 面目じゃなく 自分の為に今は歌いたい

(ゆめなんてないきたいしてないむきりょくのまるでいきてるしたい)

夢なんて無い 期待してない 無気力のまるで生きてる死体

(だけどたしかにあらがううたにわずかながらそらのひかりはさし)

だけど確かに 抗う歌に わずかながら空の光は射し

(いきるちからにおのずとかわりしにきれぬぼくのべんめいとなり)

生きる力に 自ずと変わり 死に切れぬ僕の弁明と成り

(かぜにさすらいりかいしがたいといわれてもほかにみちなどない)

風に流離い 理解し難い と言われても他に道などない

(かぜにさすらいりかいしがたいといわれてもほかにみちなどない)

風に流離い 理解し難い と言われても他に道などない

(かぜにさすらいりかいしがたいといわれてもほかにみちなどない)

風に流離い 理解し難い と言われても他に道などない

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。