三代目JSB Powder Snow

投稿者れいぽんプレイ回数1438
楽曲情報 POWDER SNOW~永遠に終わらない冬~  三代目 J SOUL BROTHERS  作詞MASATO ODAKE  作曲Daisuke Kahara
難易度(4.0) 60秒 歌詞 長文モード可タグ3代目
Powder Snow~永遠に終わらない冬~
※このタイピングは「POWDER SNOW~永遠に終わらない冬~」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そっとふれたゆびがかじかんでだからきみのかたをだきよせたよ)

そっと触れた指がかじかんでだからキミの肩を抱き寄せたよ

(ぎこちないぼくのことかくすようにまっしろなこなゆきがふっているよ)

ぎこちない僕のこと隠すように真っ白な粉雪が降っているよ

(こまったかおしてうつむくきみはごめんねとぼくのうでからにげたけれど)

困った顔してうつむくキミはごめんねと僕の腕から逃げたけれど

(いとしいそのひとみをみつめるたびにねえ)

愛しいその瞳をみつめるたびにねえ

(めをそらしもせずやさしいほほえみをみせるわけおしえて)

目を逸らしもせず優しい微笑みを見せ理由教えて

(なきたいくらいぼくがきみをすきになればなるほど)

泣きたいくらい僕がキミを好きになればなるほど

(なぜだろうきみはかなしそうだから)

何故だろうキミは悲しそうだから

(あいたくてもあいたいっていえなくなってしまう)

逢いたくても逢いたいって言えなくなってしまう

(はかなくふるつもるpowdersnow)

儚く降り積もるPowderSnow

(すぐとなりをきみがあるいてもひとりでいるようなこどくがある)

すぐ隣をキミが歩いてもひとりでいるような孤独がある

(きゅっとぼくのこころふみつけてゆきのみちあしあとをのこすひとよ)

キュッと僕の心踏みつけて雪の道足跡を残す人よ

(いろをけしながらぬくもりもけしてはじまったこごえるふゆのこのおもいを)

色を消しながら温もりも消して始まった凍える冬のこの想いを

(なんてよべばいいのかこいとかたおもいのはざまにあるよなじぶんじゃ)

なんて呼べばいいのか恋と片思いの狭間にあるよな自分じゃ

(もうどうにもできないこのおもいを)

もうどうにもできないこの想いを

(ゆきになってきみのそらでふりつづけていたいよ)

雪になってキミの空で降り続けていたいよ

(いたみをうめつくすくらいつよくふゆのそらへはいたいきに)

痛みを埋め尽くすくらい強く冬の空へ吐いた息に

(ぼくのきもちすべてのせたらつたえてよpowdersnow)

僕の気持ちすべて乗せたら伝えてよPowderSnow

(はじめてあったときからきみのことがすきでした)

初めて逢ったときから君のことが好きでした

(ほかのひとじゃないきみだけがすきでなんでもないかおをしてわらっているけど)

他の人じゃないキミだけが好きでなんでもない顔をして笑っているけど

(ぼくだけにふるpowdersnowせつないよ)

僕だけにふるPowderSnow切ないよ

(なきたいくらいぼくがきみをすきになればなるほど)

泣きたいくらい僕がキミを好きになればなるほど

(なぜだろうきみはかなしそうだから)

何故だろうキミは悲しそうだから

(あいたくてもあいたいっていえなくなってしまう)

逢いたくても逢いたいって言えなくなってしまう

(はかなくふりつもるpowdersnow)

儚く降り積もるPowderSnow

(えいえんにおわらないふゆ)

永遠に終わらない冬

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。