月華-tsukihana-

投稿者やっさんプレイ回数1040お気に入り2
楽曲情報 月華-TSUKIHANA-  北出 菜奈  作詞北出 菜奈  作曲velvetronica
地獄少女三鼎のOP「月華-tsukihana-」です。
月華-tsukihana-の歌詞タイピングです。
※このタイピングは「月華-TSUKIHANA-」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(やみとあそぶほしたちへあいをうたいやきつくして)

闇と玩ぶ星たちへ 愛を唄い焼き尽くして

(ばつをともしひなぎくのゆめによりそうつめのあと)

罰を灯し ひなぎくの 夢に寄り添う爪の痕

(くちびるからくちびるへとつたいそのぬくもりはどこへたどりつくあてはないのに)

唇から唇へと伝い そのぬくもりは何処へ? たどり着く宛は無いのに

(あなたでなくちゃみたせないわたしじゃなきゃゆるせなかった)

貴方でなくちゃ満たせない 私じゃなきゃ許せなかった

(だからわたしはこのあしでたちあがれてぞっとしたんだ)

だから私は この足で立ち上がれてゾッとしたんだ

(かいごろしならすくわれるでもみごとにかぎははずれて)

飼い殺しなら救われる でも見事に鍵は外れて

(わたしはまるでとりかごをほっしているくるったことりうそをだいたはな)

私はまるで 鳥かごを欲している狂った小鳥 嘘を抱いた華

(さめたゆびでみすかしてふれてだけどよごさないで)

さめた指で見透かして 触れて だけど汚さないで

(ふりかえるとひとひらのはねがこげつくいばらみち)

振り返ると 一片の羽が焦げつく茨道

(まぼろしならまぼろしをあいしてあすでさえすてられるおそれるりゆうをおしえて)

幻なら幻を愛して 明日でさえ棄てられる 恐れる理由を教えて

(あなたがなくちゃいきられずくちるよるをおいかけたのは)

貴方がなくちゃ生きられず 朽ちる夜を追い掛けたのは

(わたしをすべてそのうでへうばいあげてほしかったから)

私を全て その腕へ奪い上げてほしかったから

(けどせいじゃくにつつまれるきそくてきないやしいこどう)

けど静寂に包まれる 規則的な卑しい鼓動

(ふざけたへやでてんばつをかぞえているみみをふさいで)

ふざけた部屋で 天罰を数えている 耳をふさいで

(あなたでなくちゃみたせないわたしじゃなきゃゆるせなかった)

貴方でなくちゃ満たせない 私じゃなきゃ許せなかった

(だからわたしはこのあしでたちあがれてぞっとしたんだ)

だから私は この足で立ち上がれてゾッとしたんだ

(かいごろしならすくわれるでもみごとにかぎははずれて)

飼い殺しなら救われる でも見事に鍵は外れて

(わたしはまるでとりかごをほっしているくるったことりうそをいだいたはな)

私はまるで 鳥かごを欲している狂った小鳥 嘘を抱いた華

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!