ピラトの裁判と鞭打ちの刑

投稿者ジュウニッシープレイ回数000お気に入り1
楽曲情報 ピラトの裁判と鞭打ちの刑  劇団四季  作詞ティム・ライス  作曲アンドリュー・ロイド=ウェバー
劇団四季【JCS】の劇中歌、ピラト裁判と鞭打ちの刑です。
※このタイピングは「ピラトの裁判と鞭打ちの刑」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(じーざすくらいすとなぜふたたびきたのだ)

ジーザスクライスト何故再び来たのだ

(へろではどうした)

ヘロデはどうした

(なざれびとのかれはろーまがさばくのだ)

ナザレ人の彼はローマが 裁くのだ

(われわれにはしけいにするけんりがない)

我々には死刑にする権利が無い

(じゅうじかこそあなたのやくめ)

十字架こそ貴方の役目

(かたれじーざすくらいすとおまえはたみに)

語れジーザスクライスト お前は民に

(つれてこられなぜここでむちうたれにきたのだ)

連れてこられ何故 此処で鞭打たれに来たのだ

(おまえがゆめみたおうこくはどこだ)

お前が夢見た王国は何処だ

(きこうゆだやのおう)

聞こうユダヤの王

(おうこくなどないのだいのちもおわる)

王国など無いのだ命も終わる

(だまれじーざすくらいすと)

黙れジーザスクライスト

(おうこくとはこのよのほかにある)

王国とはこの世の他にある

(それでもおうか)

それでも王か

(あなたがいまいったしんりをもとめるだけだ)

貴方が今言った真理を求めるだけだ

(しんりとはわたしたちのしんりとおなじものか)

真理とは私達の真理と同じ物か

(じゅうじかにかけろ)

十字架にかけろ

(なんだとおうじゃないのか)

何だと王じゃないのか

(おうさまはしーざー)

王様はシーザー

(どんなわるいことをしたのだ)

どんな悪い事をしたのだ

(じゅうじかにかけろじゅうじかに)

十字架にかけろ 十字架に

(わからないなぜさわぐこのひとにはつみなどない)

分からない何故騒ぐ この人には罪など無い

(おもいちがいしてるだけだだがのぞむならむちでうとう)

思い違いしてるだけだ だが望むなら鞭で打とう

(このおとこをころしてくれじゅうじかにかけてころしてくれ)

この男を殺してくれ 十字架にかけて殺してくれ

(かたれじーざすくらいすと)

語れジーザスクライスト

(くちをきくのだきがくるったか)

口を利くのだ 気が狂ったか

(とじこめようだがつみなどひとつもない)

閉じ込めようだが罪など一つも無い

(ちいさいふつうのにんげんなのだこいつはかみじゃない)

小さい普通の人間なのだ こいつは神じゃない

(たしかにあいつはかみだといった)

確かにあいつは神だといった

(ころせあいつにせいふくさせろ)

殺せ あいつに征服させろ

(じゅうじかにかけろ)

十字架にかけろ

(なんだとおうじゃないのか)

何だと王じゃないのか

(おうさまはしーざー)

王様はシーザー

(ぎぜんしゃどもうそをつくな)

偽善者共 嘘を吐くな

(おうさまはしーざーじゅうじかにかけろ)

王様はシーザー 十字架にかけろ

(わからないなにひとつつみもないおとこというのに)

分からない 何一つ罪も無い男というのに

(おまえたちはなぜさわぐだがのぞむならむちでうとう)

お前達は 何故騒ぐ だが望むなら鞭で打とう

(やつをじゅうじかにやつをかけろ)

奴を十字架に 奴をかけろ

(じゅうじかにじゅうじかにじゅうじかにじゅうじかに)

十字架に十字架に十字架に十字架に

(やつをじゅうじかにやつをかけろ)

奴を十字架に 奴をかけろ

(じゅうじかにじゅうじかにじゅうじかにじゅうじかに)

十字架に十字架に十字架に十字架に

(やつをじゅうじかにやつをかけろ)

奴を十字架に 奴をかけろ

(じゅうじかにじゅうじかにじゅうじかにじゅうじかに)

十字架に十字架に十字架に十字架に

(いち)

(に)

(さん)

(し)

(ご)

(ろく)

(しち)

(はち)

(きゅう)

(じゅう)

(じゅういち)

十一

(じゅうに)

十二

(じゅうさん)

十三

(じゅうし)

十四

(じゅうご)

十五

(じゅうろく)

十六

(じゅうなな)

十七

(じゅうはち)

十八

(じゅうきゅう)

十九

(にじゅう)

二十

(にじゅういち)

二十一

(にじゅうに)

二十二

(にじゅうさん)

二十三

(にじゅうし)

二十四

(にじゅうご)

二十五

(にじゅうろく)

二十六

(にじゅうなな)

二十七

(にじゅうはち)

二十八

(にじゅうく)

二十九

(さんじゅう)

三十

(さんじゅういち)

三十一

(さんじゅうに)

三十二

(さんじゅうさん)

三十三

(さんじゅし)

三十四

(さんじゅうご)

三十五

(さんじゅうろく)

三十六

(さんじゅうなな)

三十七

(さんじゅうはち)

三十八

(さんじゅうきゅう)

三十九

(おまえはなにをもとめているかじーざす)

お前は何を求めているか ジーザス

(おまえはやがてしんでゆくのだじーざす)

お前はやがて死んでゆくのだ ジーザス

(いのちはわたしのてのなかにある)

命は私の手の中にある

(なぜおまえはなぜくちをきかない)

何故お前は なぜ口を利かない

(あなたのちからもしれたもの かみのみこころをかえることができるのか)

貴方の力も知れたもの 神の御心を変える事が出来るのか

(たすけてやりたいおろかなじーざす)

助けてやりたい 愚かなジーザス

(やつをじゅうじかにかけろ)

奴を十字架にかけろ

(それがにんむつとめなのだへいわのためなのだ)

それが任務勤めなのだ 平和の為なのだ

(しーざーのためだわすれるなじゅうじかにかけるのだ)

シーザーの為だ忘れるな 十字架にかけるのだ

(それがにんむつとめなのだへいわのためなのだ)

それが任務勤めなのだ 平和の為なのだ

(おもいだせしーざーのためだじゅうじかにかけるのだ)

思い出せシーザーの為だ 十字架にかけるのだ

(それがにんむつとめなのだへいわのためなのだ)

それが任務勤めなのだ 平和の為なのだ

(じゅうじかに)

十字架に

(じゅうじかに)

十字架に

(じゅうじかにさあ)

十字架に さあ

(かけろ)

かけろ

(おまえがのぞむのならしねとめるつもりはない)

お前が望むのなら 死ね 止めるつもりはない

(おろかなじゅんきょうしゃよしにたいか)

愚かな殉教者よ 死にたいか

(あわれなやつ)

哀れな奴

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

ジュウニッシーのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971