星降る今宵に

投稿者ジュウニッシー プレイ回数113 お気に入り1
楽曲情報 星降る今宵に都会にご用心  劇団四季  作詞ティム・ライス  作曲アンドリュー・ロイド=ウェバー
劇団四季【エビータ】の劇中歌、星降る今宵にです。
※このタイピングは「星降る今宵に都会にご用心」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

美女と野獣

美女と野獣

劇団四季「美女と野獣」の「美女と野獣」です⑭

プレイ回数899
歌詞かな373打
シング!

シング!

劇団四季【コーラスライン】の劇中歌、シングです。

プレイ回数111
歌詞かな879打
パート・オブ・ユア・ワールド

パート・オブ・ユア・ワールド

劇団四季【リトルマーメイド】の劇中歌パートオブユアワールドです

プレイ回数2687
歌詞かな668打
愛を感じて

愛を感じて

劇団四季「ライオンキング」劇中歌

プレイ回数342
歌詞かな470打
タンバリンのリズム

タンバリンのリズム

劇団四季【ノートルダムの鐘】の劇中歌、タンバリンのリズムです。

プレイ回数17
歌詞かな483打
月の満ちるころ

月の満ちるころ

プレイ回数121
歌詞かな272打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こよいはほしぞらこのあいのうたは あなたをゆめへとさそうだろう)

今宵は星空 この愛の歌は 貴方を夢へと誘うだろう

(ほしあかりのしたかたりあいながら ふたりのたびへととびたとう)

星明りの下 語り合いながら 二人の旅へと 飛び立とう

(はじめてしったこのすばらしい こいのよろこび)

初めて知った この素晴らしい 恋の喜び

(こいびともなくひとりさまよいあるくさびしさ いまではなげきやかなしみなど)

恋人もなく 一人さ迷い歩く寂しさ 今では 嘆きや 悲しみなど

(きえていったのだ あなたをみたあのひからさみあもーる)

消えていったのだ 貴方を見たあの日からさミ・ア・モール

(こよい)

今宵

(こよい)

今宵

(こよいはほしぞらこのあいのうたは あなたをゆめへとさそうだろう)

今宵は 星空この愛の歌は 貴方を夢へと 誘うだろう

(うれしいわあなたとこいをするなんてゆめみたい)

嬉しいわ 貴方と恋をするなんて 夢みたい

(てをたたけひどいきゃくだ)

手を叩け ひどい客だ

(うぬぼれるなひどいうただ)

自惚れるな ひどい歌だ

(だいぶちがうぜこことぶえのすあいれす こんやはほんとにいやになるぜ)

だいぶ違うぜ 此処とブエノスアイレス 今夜はホントに嫌になるぜ

(ひゃくしょうあいてにうたわされた)

百姓相手に 歌わされた

(ぜいたくいうな)

贅沢言うな

(あたしはいきたい ぶえのすあいれすゆめなの)

アタシは行きたい ブエノスアイレス 夢なの

(このこはいきたい ぶえのすあいれすいっしょに)

この子は行きたい ブエノスアイレス 一緒に

(にぶいやつつかまえられるぞ にげるならいまのうちだ)

鈍い奴 捕まえられるぞ 逃げるなら今のうちだ

(いくんだわもうきめたのよ このひとといくわ)

行くんだわ もう決めたのよ この人と行くわ

(じょうだんはやめろよ)

冗談はやめろよ

(だめよもうここはたいくつ あなたとすぐいなかをでる)

だめよもう 此処は退屈 貴方とすぐ田舎を出る

(おれせきにんもたない)

俺 責任持たない

(もたない それはないでしょう)

持たない! それはないでしょう

(だってそんなおれ)

だって そんな 俺

(きみはいもうとといいことしたぜ)

君は妹とイイコトしたぜ

(このこをゆうべだいたはずだよ)

この子を夕べ抱いた筈だよ

(ばらすぞますこみにみんな かくごはいいか)

ばらすぞマスコミにみんな 覚悟はいいか

(あたしはいくのよぶえのすあいれすかならず はなれちゃいやよ)

アタシは行くのよブエノスアイレス必ず 離れちゃ嫌よ

(あんなことできたのはすきだからよ)

あんな事出来たのは 好きだからよ

(もうさからったってむだだかくごをきめなよ あのこのおとこならなまえもいまよりのこるぜ)

もう逆らったって無駄だ 覚悟を決めなよ あの子の男なら名前も今より残るぜ

(すべてかねしだいそれがとかいさ みぶんとこねくしょんそれできまるのさ)

全て金次第 それが都会さ 身分とコネクション それで決まるのさ

(おまえなんかくずさあさはごみばこ もしおまえがじょうりゅうならば)

お前なんかクズさ 朝はゴミ箱 もしお前が上流ならば

(じょうりゅうなんてくそくらえばかにしないでよ いつかやつらをみかえしてやるわ)

上流なんてクソくらえ馬鹿にしないでよ いつか奴らを見返してやるわ

(あたしのとうさんがしんだそのひさえ めかけのこだからとつばをはかれたやつらに)

アタシの父さんが死んだその日さえ 妾の子だからと唾を吐かれた 奴らに

(もしぶえのすあいれすもやつらのものなら)

もしブエノスアイレスも奴らの物なら

(あたしはそこでひかりかがやいて やつらなんかたたきのめすわ)

アタシはそこで光り輝いて 奴らなんか叩きのめすわ

(みからでたさびおきのどくさま)

身から出た錆 お気の毒様

(えばあまくみるなたくさんいるぞおおかみたちがまちに まっているぞおとしあなが)

エバ甘く見るな 沢山いるぞ狼達が街に 待っているぞ落とし穴が

(あそこでものになるってやつはよっぽどのわるさ)

あそこでモノになるって奴は よっぽどの悪さ

(すてきねおもしろいじゃない わるいことなんでもしたいわ)

素敵ね面白いじゃない 悪い事何でもしたいわ

(きれいごとはもうもうあきたのよ けちないなかまちうんざりよ)

綺麗事はもうもう飽きたのよ ケチな田舎街 うんざりよ

(あたしのゆめなの ぶえのすあいれすこいびと)

アタシの夢なの ブエノスアイレス恋人

(このこはほしいの ぶえのすあいれすあんたを)

この子は欲しいの ブエノスアイレスあんたを

(えばまたあおうよ ごねんあとにもどってくるから)

エバまた会おうよ 五年後に戻って来るから

(でもそのときはもうすでにきみは ぼくのこともぶえのすあいれすもみんなわすれてる)

でもその時はもう既に君は 僕の事もブエノスアイレスも皆忘れてる

(ふざけないでゆうべあんたあたしをだいたじゃない そうでしょ)

ふざけないで 夕べあんたアタシを抱いたじゃない そうでしょ

(とかいのあじおぼえてしまったの にがしやしないわよ)

都会の味 覚えてしまったの 逃がしやしないわよ

(あたしはほしいの ぶえのすあいれすあんたを)

アタシは欲しいの ブエノスアイレスあんたを

(このてにだきたい ぶえのすあいれすあんたを)

この手に抱きたい ブエノスアイレス あんたを

(えばあまくみるな たくさんいるぞおおかみたちがまちに)

エバ甘く見るな 沢山居るぞ狼たちが街に

(まっているぞおとしあなが おんなのおまえをむすめのおまえ)

待っているぞ落とし穴が 女のお前を娘のお前

(いやおんなでもないむすめでもない こどものおまえを)

いや女でもない娘でもない 子供のお前を

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。