心に穴が空いた / ヨルシカ

投稿者 プレイ回数790
楽曲情報 心に穴が空いた  作詞ヨルシカ  作曲ヨルシカ
難易度(2.4) 1239打 歌詞 かな タグヨルシカ suis n-buna
ヨルシカの「心に穴が空いた」タイピングです。
スペース・記号は入力不要です。
※このタイピングは「心に穴が空いた」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 さつき 7589 7.9 95.5% 154.3 1228 57 49 2020/03/06
2 とまと 5651 A 5.9 94.5% 204.2 1225 71 49 2020/03/11
3 i 5342 B++ 5.4 97.5% 223.3 1224 31 49 2020/02/09
4 ぴろし 4300 C+ 4.5 95.5% 271.1 1223 57 49 2020/02/12

関連タイピング

ただ君に晴れ

ただ君に晴れ

記号は省略しています。

プレイ回数20900
歌詞かな876打
だから僕は音楽を辞めた

だから僕は音楽を辞めた

ヨルシカさんのだから僕は音楽を辞めたです!

プレイ回数9554
歌詞かな1469打
雨とカプチーノ

雨とカプチーノ

ヨルシカ/雨とカプチーノ

プレイ回数2139
歌詞かな877打
永遠はきらい

永遠はきらい

上白石萌音さんの「永遠はきらい」の歌詞です。

プレイ回数96
歌詞かな908打
だから僕は音楽を辞めた

だから僕は音楽を辞めた

ヨルシカの『だから僕は音楽を辞めた』です

プレイ回数821
歌詞かな1469打
QuizKnockタイピング

QuizKnockタイピング

QuizKnock関係の言葉がいろいろ入ったタイピングです。

プレイ回数557
60秒

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ちいさなあながあいた)

小さな穴が空いた

(このむねのちゅうしんにひとつ)

この胸の中心に一つ

(ゆうひのまちをぬった)

夕陽の街を塗った

(よるまがいのゆうぐれ)

夜紛いの夕暮れ

(わすれたいのだ)

忘れたいのだ

(わすれたいのだ)

忘れたいのだ

(わすれたいのうりをうめきったあおぞらにきみをえがきだすだけ)

忘れたい脳裏を埋め切った青空に君を描き出すだけ

(だからこころにあながあいた)

だから心に穴が空いた

(うめるようにこどうがなった)

埋めるように鼓動が鳴った

(きみへのことばも)

君への言葉も

(くちをひらけばだいたいいいわけだった)

口を開けば大体言い訳だった

(だからこころにあながあいた)

だから心に穴が空いた

(ふるあめだけぬるいとおもった)

降る雨だけ温いと思った

(つくろってつくろってつくろって)

繕って 繕って 繕って

(かおのないじぶんだけ)

顔のない自分だけ

(すこしずつあなのあいたこもれびのもりでねむるように)

少しずつ穴の開いた木漏れ日の、森で眠るように

(しんかいみたいにふかく)

深海みたいに深く

(もっとまどろむようにふかくふかくふかく)

もっと微睡むように深く、深く、深く

(ふかくよるをまとっためのおくにつきあかりをみるまで)

深く夜を纏った目の奥に月明かりを見るまで

(きみのこころにあなをあけた)

君の心に穴を開けた

(おんがくがなんだっていうんだ)

音楽が何だって言うんだ

(ただくちをひらけ)

ただ口を開け

(だまったままなんていっしょうむくわれないよ)

黙ったままなんて一生報われないよ

(わすれたいことがおおくなって)

忘れたいことが多くなって

(あきらめばかりくちにだして)

諦めばかり口に出して

(つまずいてつまずいてころがってつちのつめたさだけ)

躓いて、躓いて、転がって、土の冷たさだけ

(きみのじんせいになりたいぼくのじんせいをかきたい)

君の人生になりたい僕の、人生を書きたい

(きみののこしたしのせいだ)

君の残した詩のせいだ

(ぜんぶおんがくのせいだ)

全部音楽のせいだ

(きみのくちょうをまねした)

君の口調を真似した

(きみのいきかたをもした)

君の生き方を模した

(なにものこらないほどにぼくをけしとばすほどに)

何も残らないほどに 僕を消し飛ばすほどに

(のこってる)

残ってる

(こころのあなのおくにすんだ)

心の穴の奥に棲んだ

(きみのことばにすがりついた)

君の言葉に縋り付いた

(でもちがうんだよもう)

でも違うんだよ、もう

(さよならだなんていっしょうききたくないよ)

さよならだなんて一生聞きたくないよ

(わすれたいことがおおくなって)

忘れたいことが多くなって

(これからぼくだけとしおいて)

これから僕だけ年老いて

(さめきってさめきって)

冷め切って、冷め切って

(ぼくのこころにあながあいた)

僕の心に穴が開いた

(きみのことばであながあいた)

君の言葉で穴が開いた

(いまならわかるよ)

今ならわかるよ

(きみだけがぼくのおんがくなんだよえいみー)

「君だけが僕の音楽」なんだよ、エイミー

(だからこころにあながあいた)

だから心に穴が空いた

(そのむこうがわにきみがすんだ)

その向こう側に君が棲んだ

(ひろがってひろがってひろがって)

広がって 広がって 広がって

(もどらないあなだけ)

戻らない穴だけ

(あなのあいたぼくだけ)

穴の空いた僕だけ

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。

匠のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971