炉心融解

投稿者ちこプレイ回数4566  お気に入り2
楽曲情報 炉心融解  iroha  作詞KUMA.  作曲IROHA(SASAKI)
難易度(3.7) 1234打 歌詞 長文モード可タグボーカロイド ボカロ 鏡音リン
鏡音リン 炉心融解
炉心融解のタイピングです!
※このタイピングは「炉心融解」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まちあかりはなやかえーてるますいのつめたさ)

街明かり華やかエーテル麻酔の冷たさ

(ねむれないごぜんにじすべてがきゅうそくにかわる)

眠れない午前二時全てが急速に変わる

(おいるぎれのらいたーやけつくようないのなか)

オイル切れのライター焼けつくような胃の中

(すべてがそううそならほんとうによかったのにね)

全てがそう嘘なら本当によかったのにね

(きみのくびをしめるゆめをみたひかりのあふれるひるさがり)

君の首を絞める夢を見た光の溢れる昼下がり

(きみのほそいのどがはねるのをなきだしそうなめでみていた)

君の細い喉が跳ねるのを泣き出しそうな目で見ていた

(かくゆうごうろにさとびこんでみたいとおもう)

核融合炉にさ飛び込んでみたいと思う

(まっさおなひかりつつまれてきれい)

真っ青な光包まれて綺麗

(かくゆうごうろにさとびこんでみたらそしたら)

核融合炉にさ飛び込んでみたらそしたら

(すべてがゆるされるようなきがして)

全てが許されるような気がして

(べらんだのむこうがわかいだんをのぼってゆくおと)

ベランダの向こう側階段を昇ってゆく音

(かげりだしたそらがまどがらすにへやにおちる)

陰り出した空が窓ガラスに部屋に落ちる

(かくさんするゆうぐれなきはらしたようなひのあか)

拡散する夕暮れ泣き腫らしたような陽の赤

(とけるようにすこしずつすこしずつしんでゆくせかい)

融けるように少しずつ少しずつ死んでゆく世界

(きみのくびをしめるゆめをみたはるかぜにゆれるかーてん)

君の首を絞める夢を見た春風に揺れるカーテン

(かわいてきれたくちびるからこぼれることばはあわのよう)

乾いて切れた唇から零れる言葉は泡のよう

(かくゆうごうろにさとびこんでみたいとおもう)

核融合炉にさ飛び込んでみたいと思う

(まっしろにきおくとかされてきえる)

真っ白に記憶融かされて消える

(かくゆうごうろにさとびこんでみたら)

核融合炉にさ飛び込んでみたら

(またむかしみたいにねむれるようなそんなきがして)

また昔みたいに眠れるようなそんな気がして

(とけいのびょうしんやてれびのしかいしゃや)

時計の秒針やテレビの司会者や

(そこにいるけどみえないだれかの)

そこにいるけど見えない誰かの

(わらいごえほうわしてはんきょうする)

笑い声飽和して反響する

(あれぐろ・あじてーとみみなりがきえないやまない)

アレグロ・アジテート耳鳴りが消えない止まない

(あれぐろ・あじてーとみみなりがきえないやまない)

アレグロ・アジテート耳鳴りが消えない止まない

(だれもみんなきえてくゆめをみた)

誰も皆消えてく夢を見た

(まよなかのへやのひろさとせいじゃくがむねにつっかえて)

真夜中の部屋の広さと静寂が胸につっかえて

(じょうずにいきができなくなる)

上手に息ができなくなる

(かくゆうごうろにさとびこんでみたらそしたら)

核融合炉にさ飛び込んでみたらそしたら

(きっとねむるようにきえていけるんだ)

きっと眠るように消えていけるんだ

(ぼくのいないあさはいまよりずっとすばらしくて)

僕のいない朝は今よりずっと素晴らしくて

(すべてのはぐるまがかみあったきっとそんなせかいだ)

全ての歯車が噛み合ったきっとそんな世界だ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。