憧憬と屍の道

投稿者syougiプレイ回数0000順位2868位
楽曲情報 憧憬と屍の道  LINKED HORIZON  作詞REVO  作曲REVO
難易度(3.5) 1475打 歌詞 長文モード可タグアニメ・マンガ 音楽 アニメ 歌詞 進撃の巨人
進撃の巨人Season 3 Part.2 OP 憧憬と屍の道
※このタイピングは「憧憬と屍の道」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 E 6610 総統 7.0 93.8% 207.7 1469 96 43 2020/10/27
2 licht 6430 総統 6.6 96.3% 220.2 1472 56 43 2020/11/17
3 tat 3730 分隊長 3.9 94.5% 370.2 1466 85 43 2020/11/14
4 ハンジ・ゾエ 2786 分隊長 3.0 91.6% 478.8 1467 133 43 2020/11/20

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あのひじんるいはおもいだした)

あの日人類は思い出した

(うすやみのなかすすむかげはだれもこころもとなく)

薄闇の中進む影は 誰も心許なく

(ふたしかなみらいはいつだってはくひょうのうえにさく)

不確かな未来はいつだって 薄氷の上に咲く

(よるはおとずれるたびにいくども)

夜は訪れる度に幾度も

(つめたいてでおれたちのくびすじをやさしくなでた)

冷たい手で俺たちの首筋を 優しく撫でた

(たそがれをうらぎってともるきぼうのせにすがり)

黄昏を裏切って 灯る希望の背に縋り

(おいかけたじごくへとむかってるとしても)

追いかけた 地獄へと 向かってるとしても

(ゆめのつづきがみたいならおまえはなにをさしだせる?)

夢の続きが見たいなら お前は何を差し出せる?

(あくまはあまくささやいたしかばねでみちをつくれ)

悪魔は甘く囁いた 屍で道を作れ

(このかべのむこうになにがある?)

この壁の向こうに何がある?

(おさなきひびにあこがれたしんじつはすぐそこにある)

幼き日々に憧れた 真実はすぐそこにある

(しかばねのみちのさきに)

屍の道の先に

(はこにわでくりかえすいたみとうらみのるーぷ)

箱庭で繰り返す 悼みと恨みのループ

(ながれこむきおくのはてじゆうのいみをとう)

流れ込む記憶の果て 自由の意味を問う

(ああ・・・かのうせいにみちていたはずの)

嗚呼…可能性に満ちていた筈の

(しょうねんたちのうつわにうんめいはそれぞれなにをふきこんだ)

少年達の器に 運命は其々 何を吹き込んだ

(それはだれのひがんかだれのゆめか)

それは 誰の悲願か 誰の夢か

(かなしみにくしみがまじわって)

悲しみ 憎しみが交わって

(ぐれんのやはたがいをめざす)

紅蓮の矢は互いを目指す

(とりのつばさにあこがれたひとはそらへとはばたける)

鳥の翼に憧れた 人は空へと羽ばたける

(あくまはずるくうそぶいたしかばねよみちをたどれ)

悪魔は狡く嘯いた 屍よ道を辿れ

(このそらのむこうになにがある?)

この空の向こうに何がある?

(おさなきひびにとらわれた)

幼き日々に囚われた

(せきじつのひがてらしだすしかばねのみちのさきを)

昔日の灯が照らし出す 屍の道の先を

(そらのうえからみたらいったいなにがみえるのだろう)

空の上から見たら 一体何が見えるのだろう

(ここではないどこかへいってみたかった)

ここではない何処かへ 行ってみたかった

(おさなきひびにゆめみたひろいせかいのはてには)

幼き日々に夢見た 広い世界の果てには

(めまいをおぼえるほどふじょうりがひそむ)

目眩を覚えるほど 不条理が潜む

(じゆうをゆめみただいしょうはつめたいつちのべっど)

自由を夢見た代償は 冷たい土のベッド

(ときにかみのすがたかりてせいぎはきばをむく)

時に神の姿借りて 正義は牙を剥く

(おりのなかもおりのそともひとしくじごくか・・・・・・。)

檻の中も檻の外も 等しく地獄か……。

(つみのおもさをせおうほどふみだすあしにいみがある)

罪の重さを背負うほど 踏み出す足に意味がある

(あくまはひくくつぶやいたしかばねのみちをすすめ)

悪魔は低く呟いた 屍の道を進め

(このやみのむこうになにがある?)

この闇の向こうに何がある?

(おさなきひびにのろわれたげんじつはいつむくわれる?)

幼き日々に呪われた 現実はいつ報われる?

(しかばねのみちのさきで)

屍の道の先で

((ゆみや)がかけぬけたきせき)

《紅蓮の衝動》が駆け抜けた軌跡

((つばさ)をちらして)

《自由の覚悟》を散らして

((しんぞう)をたばねても)

《捧げられた花弁》を束ねても

((れくいえむ)にははやすぎる)

《手向ける真の暁》には早すぎる

(たいようはまだしずんでいないのだから)

太陽はまだ沈んでいないのだから

(すすみつづける)

進み続ける

(なみのかなたへ)

波の彼方へ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。