花詞

投稿者ハナ プレイ回数68
楽曲情報 花詞  Suara  作詞SHINO.  作曲KUSHIKO
難易度(3.3) 997打 歌詞 かな タグ 歌詞
遠い
遠い
※このタイピングは「花詞」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

栄光の架橋

栄光の架橋

あのゆずの栄光の架橋です。

プレイ回数2555
歌詞かな736打
点描の唄

点描の唄

私の最近の好きな唄です。

プレイ回数9664
歌詞かな830打
どうしてふぁぼってくれないの

どうしてふぁぼってくれないの

まふまふ/どうしてふぁぼってくれないの ふぁぼれよ。

プレイ回数1695
歌詞かな82打
キミがいれば

キミがいれば

コナン曲

プレイ回数2674
歌詞かな443打
森のくまさん

森のくまさん

童謡の「森のくまさん」歌詞です。

プレイ回数1924
歌詞かな346打
Song for・・・

Song for・・・

HYの曲です。

プレイ回数2882
歌詞かな998打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きせつめぐりかぜのいろもかわりゆくそのすきまに)

季節めぐり風の色も変わりゆくその隙間に

(とぎれとぎれきこえてくるきみのこえかさねた)

途切れ途切れ聞こえてくる君の声重ねた

(きみのおとしたゆめのつづきをぼくがひきうけよう)

君の落とした夢の続きを僕が引き受けよう

(かなしいおもいでうつすはなさえ)

悲しい思い出映す花さえ

(いとしいというのならいみをもつから)

愛しいというのなら意味を持つから

(よるをそめるふかくふかくふかいくらやみのしたで)

夜を染める深く深く深い暗闇の下で

(つきのてらすみちすじをたよりにあるいていく)

月の照らす道筋を頼りに歩いて行く

(たどりつくばしょがどこであっても)

辿り着く場所がどこであっても

(きせつめぐりかぜのいろもかわりゆくそのすきまに)

季節めぐり風の色も変わりゆくその隙間に

(とぎれとぎれきこえてくるきみのこえかさねた)

途切れ途切れ聞こえてくる君の声重ねた

(あかねいろのそらながれてくくもをみあげてひとりおもった)

茜色の空流れてく雲を見上げて一人思った

(かぜもそらもくももなにもぼくはきっとえらべない)

風も空も雲も何も僕はきっと選べない

(きみがみつけたゆめのこたえをぼくがうばっているなら)

君が見つけた夢の答えを僕が奪っているなら

(こわしてしまおう)

壊してしまおう

(ひがんばなさくこのめいろもうまよういみはないから)

彼岸花咲くこの迷路もう迷う意味はないから

(よるがにじむふかくふかくふかいくらやみのなかで)

夜が滲む深く深く深い暗闇の中で

(なみだこぼれるおとにきづいた)

涙こぼれる音に気付いた

(なくすことおぼえたさみしさにどこかにてる)

失くすこと憶えた淋しさにどこか似てる

(きせつめぐりこのまちにもぼくのにどめのふゆがくる)

季節めぐりこの街にも僕の二度目の冬が来る

(きまぐれきみおもいだしたあのさむかったひを)

気まぐれ君思い出したあの寒かった日を

(きりがないからわすれてしまおうとなんどもくりかえしてた)

きりがないから忘れてしまおうと何度も繰り返してた

(いろちがいにみえたはなはもうここにはないから)

色違いに見えた花はもうここにはないから

(あかねいろのそらにはくもひとついそぐようにながれてゆく)

茜色の空には雲ひとつ急ぐように流れてゆく

(いつかまたもどれるばしょをさがしているのだろうか)

いつかまた戻れる場所を探しているのだろうか…

(いつかまたもどれるばしょをさがしているのだろうか)

いつかまた戻れる場所を探しているのだろうか…