ドラえもん「のび太と銀河超特急」ED

投稿者ぷりんプレイ回数463
楽曲情報 私のなかの銀河  海援隊  作詞武田 鉄矢  作曲千葉 和臣
難易度(2.9) 586打 歌詞 かな 長文モード可タグドラえもん 武田鉄矢 歌詞
ドラえもん「のび太と銀河超特急」EDです。
「ぼくたちは、いつもこんな冒険をしてきたんじゃなかった?」
宇宙の列車強盗団の襲撃を前にして、のび太が勇ましく立ち上がった。(1996年公開)
※このタイピングは「私のなかの銀河」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はまべでひろったちいさなこのかいがらが)

浜辺でひろった 小さなこの貝殻が

(どうしてうずまくかたちになったのか)

どうして渦巻く形になったのか

(おしえてくれたのはあなたでした)

教えてくれたのはあなたでした

(それはよぞらのやみにかがやくぎんが)

それは夜空の 闇に輝く銀河

(そのなみおとがかいにはきこえて)

その波音が貝には聴こえて

(ぎんがにみとれてうずまいたという)

銀河に見とれて 渦巻いたという

(わたしのみみもかいのからあなたのこえがききたいけれど)

私の耳も貝の殻 あなたの声が聴きたいけれど

(あなたはほしよりとおいひと)

あなたは星より遠い人

(もりでさいてるいろんなはなのはなびらが)

森で咲いてる いろんな花の花びらが

(いろあざやかになぜそまったのか)

色あざやかに なぜ染まったのか

(おしえてくれたのはあなたでした)

教えてくれたのはあなたでした

(それはひざしをそらからふらせるたいよう)

それは陽射しを 空から降らせる太陽

(もえるほのおがはなにはみえて)

燃えるほのおが 花には見えて

(ほのおにあこがれてはなびらそめた)

ほのおに憧れて 花びら染めた

(わたしのこいもさいたけどあなたがひざしをふらせてくれず)

私の恋も咲いたけど あなたが陽射しを降らせてくれず

(わたしひとりがいろのないはな)

私ひとりが 色のない花

(わたしのこころのふしぎさはあなたをしずかにおもいだすとき)

私の心の不思議さは あなたを静かに思い出す時

(ぎんがとおなじうずをまく)

銀河と同じ渦を巻く

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

ぷりんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971