トビラ島(パラネシアン・サークル)

投稿者単冠湾の提督プレイ回数209
楽曲情報 トビラ島  平沢 進  作詞平沢 進  作曲平沢 進
難易度(3.2) 1245打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 691打
平沢進/AURORAより(1994)
※このタイピングは「トビラ島」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆめでみたさんぜんかいりのちとびら)

夢で見た三千海里の地"トビラ"

(そのほうじょうのつちをけり)

その豊穣の土を蹴り

(こしにさすたんけんせいなるまいおどる)

腰にさす短剣 聖なる舞 踊る

(かのぷりめらのぎょくざには)

かのプリメラの玉座には

(ひにやけるかげろうおう)

日に焼ける"かげろう王"

(ひにやけるかげろうおう)

日に焼ける"かげろう王"

(やぎのせをさしてはそめるあかく)

ヤギの背を刺しては染める 赤く

(そのてぎわにははながふり)

その手際には 花が降り

(かずにしてさんびゃくゆうよのめみはる)

数にして三百有余の目 みはる

(かのいけにえはめをさます)

かの生贄は目を覚ます

(ひにさけぶひとのこえ)

火に叫ぶ人の声

(ひにさけぶひとのこえ)

火に叫ぶ人の声

(ちはこげてのぼるひとみずのあいだを)

血は焦げて 上る火と水の間を

(まわりだすぱらねしあのゆうきゅうのはぐるま)

回りだす パラネシアの悠久の歯車

(ときにして3.3びょうのどらま)

時にして 3.3秒のドラマ

(そのはじまりのおうぎには)

その始まりの奥義には

(ゆめのそといっさいがっさいのにちじょう)

夢の外 一切合財の日常

(そのかげをなすすぴりっと)

その影を成すスピリット

(ひにやけるかげろうおう)

火に焼ける"かげろう王"

(ひにさけぶひとのこえ)

火に叫ぶ人の声

(みよぱらねしあんさーくるさーくるさーくる)

見よ パラネシアン サークル サークル サークル

(みよぱらねしあんさーくるさーくるさーくる)

見よ パラネシアン サークル サークル サークル

(みよぱらねしあんさーくるさーくる)

見よ パラネシアン サークル サークル

(ぱらねしあんさーくるさーくる)

パラネシアン サークル サークル

(ぱらねしあんさーくるさーくる)

パラネシアン サークル サークル

(さーくるさーくるさーくるみよ)

サークル サークル サークル 見よ

(まわる)

回る

(ひつぜんかつとうとつにきわまるたかまるこのこうこつのむま)

必然かつ 唐突に 極まる 高まる この恍惚の夢魔

(こかつをくいほうじょうをはきしのうつわでこうみょうふらす)

枯渇を喰い 豊穣を吐き 死の器で光明降らす

(ひのかえんのとうげんきょうまたはせいなるわのもーたーどらいぶ)

火の火炎の桃源郷 または 聖なる輪のモータードライブ

(ぱらねしあんさーくるさーくる)

パラネシアン サークル サークル

(ぱらねしあんさーくるさーくる)

パラネシアン サークル サークル

(かつぜつさえだんこたるおえつかのいけにえゆめのそと)

活舌さえ 断固たる嗚咽 かの生贄夢の外

(むふうのむみょうのけいしょうしゃのぼるくだるのぼるくだる)

無風の無名の継承者 昇る下る昇る下る

(ひのかえんのとうげんきょうまたはせいなるわのもーたーどらいぶ)

火の火炎の桃源郷 または 聖なる輪のモータードライブ

(ぱらねしあんさーくるさーくる)

パラネシアン サークル サークル

(ぱらねしあんさーくるさーくる)

パラネシアン サークル サークル

(ぱらねしあんさーくるさーくるさーくる)

パラネシアン サークル サークル サークル

(みよぱらねしあんさーくるさーくるさーくる)

見よ パラネシアン サークル サークル サークル

(みよぱらねしあんさーくるさーくるさーくる)

見よ パラネシアン サークル サークル サークル

(みよぱらねしあんさーくるさーくるさーくる)

見よ パラネシアン サークル サークル サークル

(さーくるさーくるみよ)

サークル サークル 見よ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!