春をさがして

投稿者ジュウニッシープレイ回数117お気に入り1
楽曲情報 春をさがして/むかしむかしゾウが来た  劇団四季  作詞梶賀千鶴子  作曲鈴木邦彦
劇団四季【むかしむかしゾウがきた】の劇中歌、春をさがしてです。
※このタイピングは「春をさがして/むかしむかしゾウが来た」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふぶきのよるはいろりのほのお)

ふぶきの夜は いろりの炎

(こがらしのよるはほしにいのる)

こがらしの夜は 星に祈る

(くろうえもん)

九郎衛門!

(こりゃだめだわ こんなにつめたくなって)

こりゃだめだわ こんなに冷たくなって

(くろうえもん)

九郎衛門!

(くろうえもんごめんね)

九郎衛門...ごめんね...

(ほらみんなてやすめんなせなかさすれ ほらおみよもっとうたうんだ)

ほら みんな手休めんな 背中さすれ ほら おミヨもっと歌うんだ

(みんなももちょっとけいきづけろ なんでもいいからこえだすんだ)

みんなも もちょっと景気づけろ 何でもいいから声出すんだ

(こえだせったってなにいうんだ おつやつうのはしーんとしてるもんだろう)

声出せったって何言うんだ お通夜つうのはしーんとしてるもんだろう

(くろうえもん まだしんぞううごいているよ)

九郎衛門! まだ心臓動いているよ

(くろうえもんはまだしんでねえ)

九郎衛門はまだ死んでねえ

(でもさんずのかわをわたりかけでるごとはたしかだ わしらのこえがとおのいでるんだ)

でも三途の川を渡りかけでるごとは確かだ わしらの声が遠のいでるんだ

(ふぶきのよるはいろりのほのお)

ふぶきの夜は いろりの炎

(こがらしのよるはほしにいのる)

こがらしの夜は 星に祈る

(ひかるつららもつめたいゆきも)

ひかるつららも つめたい雪も

(このてのぬくもりでとけていく)

この手のぬくもりで とけていく

(めをあけたぞくろうえもん)

目を開けたぞ 九郎衛門!

(くろうえもん)

九郎衛門!

(くろうえもん)

九郎衛門!

(くろうえもん)

九郎衛門!

(めをひらいたとおもったら またつぶってしまった)

目を開いたと思ったら またつぶってしまった

(ほれもうひといきだ つづけろ)

ほれ もう一息だ! つづけろ

(ふぶきのよるはいろりのほのお こがらしのよるはほしにいのる)

ふぶきの夜は いろりの炎 こがらしの夜は 星に祈る

(ひかるつららもつめたいゆきも このてのぬくもりでとけていく)

ひかるつららも つめたい雪も この手のぬくもりで とけていく

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

ジュウニッシーのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971