百花繚乱

投稿者りおプレイ回数000
楽曲情報 百花繚乱  太刀花ユキノジョウ(CV.斉藤壮馬)  作詞宮崎 まゆ  作曲宮崎 まゆ
難易度(3.8) 825打 歌詞 長文モード可タグKING of PRISM 太刀花ユキノジョウ 斉藤壮馬 ソロ キャラソン
king of prismの楽曲です
king of prismのキャラクター太刀花ユキノジョウの楽曲です
※このタイピングは「百花繚乱」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(せいをうけたそのいみをたどる)

生を受けた その意味をたどる

(さだめならばにげるなどおろか)

宿命(さだめ)ならば逃げるなど愚か

(いずれほろぶこのからだならばともにしぬまで(つ)いてみせろ)

いずれ滅ぶこの体 ならばともに死ぬまで 憑依(つ)いてみせろ

(その(め)よここへ)

その女(め)よ ここへ

(たとえまいおちるはなのごとくこのみいのちくちはてようと)

たとえ舞い落ちる花のごとく この身 命 朽ち果てようと

(いきをとだえるその(とき)まではおどりつづけよう)

息を途絶えるその瞬間(とき)までは 踊り続けよう

(このからだにながるるちはゆらりゆらりゆるがうほのお)

この体に流るる血は ゆらりゆらり揺るがう炎

(あざやかにこのみをこがしそらへととべ)

鮮やかに好みを焦がし 空へと翔べ

(なにもすてぬそのみちをえらぶだれもできないおのれのこたえを)

何も捨てぬその道を選ぶ 誰もできない己の答えを

(おさなきひのうれいをはらすいまこのとき)

幼き日の憂いを 晴らすいまこの時

(いざけっしのぶたいへまいらん)

いざ決死の舞台へ参らん

(たとえならくからまいあがるほこりはせぬわがはなみちを)

たとえ 奈落から舞い上がる 誇りはせぬ 我が花道を

(こののどかれるそのときまではうたいつづけよう)

この喉枯れるその時までは 唄い続けよう

(いまひとみにうつるすべてくらりくらりわがまいにのせ)

いま瞳に映る全て くらりくらり我が舞に乗せ

(このよにせいえんなるすがたきざんでゆこう)

この世に凄艶なる姿 刻んでゆこう

(うつくしきつきやみにさきみだれるわが(め)を)

美しき月闇に 咲き乱れる我が女(め)を

(しかとこよいのうりにやきつけよ)

しかと今宵脳裏に 焼きつけよ

(たとえまいおちるはなのごとくこのみ、いのち、くちはてようと)

たとえ舞い落ちる花のごとく この身、命、朽ち果てようと

(いきのとだえるその(とき)まではおどりつづけよう)

息の途絶えるその瞬間(とき)までは踊り続けよう

(このからだにおりたつめとゆらりともにいのちけずろう)

この体に降り立つ女(め)と ゆらり、ともに、命削ろう

(あでやかにきらめきまといそらへととべ)

艶やかに煌めき纏い 空へと翔べ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。