Reol/ミラージュ

投稿者枡田系プレイ回数00
楽曲情報 ミラージュ  REOL  作詞REOL  作曲GIGA
難易度(2.4) 1114打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽
※このタイピングは「ミラージュ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(うるさいとおりがねいきたてるころ)

煩い通りが寝息たてる頃

(のうとからだがかいりするあとらんてぃっく)

脳と体が乖離する アトランティック

(しゃようをさまよう)

斜陽を彷徨う

(しんかするうつつよしずめしずめだれしらぬそこまで)

進化する現よ沈め沈め 誰知らぬ底まで

(よーそろーはろーそろーはろー)

ヨーソロー、ハロー ソロー、ハロー

(ふたりしることこどくにおなじ)

二人知ること孤独に同じ

(よーそろーはろーそろーはろー)

ヨーソロー、ハロー ソロー、ハロー

(くるしむほどいしきはさえる)

苦しむほど意識は冴える

(せいざしたごうめいはくなどう)

正座した業 明白な洞

(いてつくそらほしがふるみらーじゅ)

凍てつく空 星が降るミラージュ

(ふかいそこへさそいこんで)

深い其処へ 誘い込んで

(しずむふねもわたしのうでで)

沈む船もわたしの腕で

(うかびあがるもういちど)

浮かび上がる もう一度

(みかんのままでなにかがちがう)

未完のままで 何かが違う

(しずむまちもわたしのうででうかびあがるよ)

沈む街もわたしの腕で 浮かび上がるよ

(あのひにおきさられたれきしは)

あの日に置き去られた歴史は

(かきてをなくしてとまっている)

書き手をなくして止まっている

(しるすべをもたぬふねは)

知る術を持たぬ船は

(どこへもいけないままくちていくよ)

何処へもいけないまま朽ちていくよ

(いまいきをとめたならばなにも)

今息を止めたならば何も

(うばわれずにもくずになって)

奪われずに藻屑になって

(ああいらないりゆうなど)

嗚呼いらない 理由など

(しゅうちゃくのえきへもうかえらない)

終着の駅へ もう帰らない

(せいざしたごうめいはくなどう)

正座した業 明白な洞

(いてつくそらほしがふるみらーじゅ)

凍てつく空 星が降るミラージュ

(ふかいそこへさそいこんで)

深い其処へ 誘い込んで

(しずむふねもわたしのうでで)

沈む船もわたしの腕で

(うかびあがるもういちど)

浮かび上がる もう一度

(みかんのままでなにかがちがう)

未完のままで 何かが違う

(しずむまちもわたしのうでで)

沈む街もわたしの腕で

(うかびあがるのに)

浮かび上がるのに

(なみまにとけていくかんかくをすてて)

波間に溶けていく 感覚を捨てて

(ふはいしたこのこえからなくしてわすれる)

腐敗したこの声から失くして忘れる

(すべてがきえうせさいごにのこるものは)

すべてが消え失せ 最後に残るものは

(みれんのようにさいてみせるかすれたそうまとう)

未練のように咲いて見せる掠れた走馬灯

(ひすればはなだれもしらない)

秘すれば花 誰も知らない

(このままわたしをのみこめ)

このままわたしを飲み込め

(うつしてみらーじゅ)

映してミラージュ

(なにもいらないもういらない)

何もいらない もういらない

(ふかいそこへさそいこんで)

深い其処へ 誘い込んで

(しずむふねわたしのいしきを)

沈む船 わたしの意識を

(あおくかくせしんきろう)

青く隠せ 蜃気楼

(しずむさいごなみうちぎわへ)

沈む最後 波打ち際へ

(にどともどらない)

二度と戻らない