広場で

投稿者ヒラサワスキープレイ回数151
楽曲情報 広場で  平沢 進  作詞平沢 進  作曲平沢 進
難易度(2.2) 851打 歌詞 かな 長文モード可タグ平沢進 P-MODEL
✕。
※このタイピングは「広場で」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(このまますべてはこおる)

このまますべては凍る

(あんなたかくそびえた)

あんな高く聳えた

(とうにはなにもなく)

塔には何もなく

(よふけのひろばでみた)

夜更けの広場で見た

(もえるようなでじゃぶに)

燃えるようなデジャブに

(きみをたずねよう)

キミを訪ねよう

(よるがくるとびおきろ)

夜が来る飛び起きろ

(おくれをとってはだめ)

遅れをとってはダメ

(おくれをとってはばつ)

遅れをとってはバツ

(ふゆのようにいきても)

冬のように生きても

(おうごんのふねはくる)

黄金の舟は来る

(こえをしのばせて)

声を忍ばせて

(とおくからゆめみてきた)

遠くから夢見て来た

(なんとんものつちをほり)

何トンもの土を掘り

(きょうにはまたうめて)

今日にはまた埋めて

(ふねがくるとびおきろ)

舟が来る飛び起きろ

(おくれをとってはだめ)

遅れをとってはダメ

(おくれをとってはばつ)

遅れをとってはバツ

(おおきいとはひらくかぎりないえいえんの)

大きい戸は開く限りない永遠の

(そこまでそこまでみえはじめたよ)

そこまでそこまで見えはじめたよ

(おおきいとはひらくかぎりないえいえんの)

大きい戸は開く限りない永遠の

(そこまでそこまでみえはじめたよ)

そこまでそこまで見えはじめたよ

(おおきいとはひらくかぎりないえいえんの)

大きい戸は開く限りない永遠の

(そこまでそこまでみえはじめたよ)

そこまでそこまで見えはじめたよ

(おおきいとはひらくかぎりないえいえんの)

大きい戸は開く限りない永遠の

(そこまでそこまでみえはじめたよ)

そこまでそこまで見えはじめたよ

(おおきいとはひらくかぎりないえいえんの)

大きい戸は開く限りない永遠の

(そこまでそこまでみえはじめたよ)

そこまでそこまで見えはじめたよ

(おおきいとはひらくかぎりないえいえんの)

大きい戸は開く限りない永遠の

(そこまでそこまでみえはじめたよ)

そこまでそこまで見えはじめたよ

(ちいさくみえていたはず)

小さく見えていたはず

(あんなたかくそびえた)

あんな高く聳えた

(とうからふねはゆく)

塔から舟は行く

(ふゆのようにいきても)

冬のように生きても

(まんべんなくひはてり)

まんべんなく陽は照り

(かげははなのよう)

影は花のよう

(あさがくるとびおきろ)

朝が来る飛び起きろ

(おくれをとってはだめ)

遅れをとってはダメ

(おくれをとってはばつ)

遅れをとってはバツ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!