侵入者

投稿者ヒラサワスキープレイ回数00
楽曲情報 侵入者  平沢 進  作詞平沢 進  作曲平沢 進
難易度(2.6) 630打 歌詞 かな 長文モード可タグ平沢進 P-MODEL
怪盗んふ。
※このタイピングは「侵入者」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こえははなにじゅうりょくはあめに)

声は花に重力は雨に

(しねんのまちでみたきみはきみに)

思念の街で見たキミはキミに

(まどをやぶるつぶてはまぶしく)

窓を破る礫は眩しく

(かぎはすべてのさがをたちきえた)

鍵は全ての性を断ち消えた

(はじめからあるわすれられたまち)

初めからある 忘れられた街

(はじめからないしりつくしたひび)

初めから無い 知り尽くした日々

(ひかるひとかげへやのすみにたち)

光る人影 部屋の隅に立ち

(かべはたてのやくをおえてきえた)

壁は盾の役を終えて消えた

(はじめからいるわすれられたひと)

初めから居る 忘れられた人

(はじめからないしりつくしたいえ)

初めから無い 知り尽くした家

(てっとうをとおるこえとおくのあわいふねから)

鉄塔を通る声 遠くの 淡い船から

(あわいふねからいそぐでじゃびゅー)

淡い船から 急ぐ デジャビュー

(はじめからいるわすれられたひと)

初めから居る 忘れられた人

(はじめからあるわすれられたまち)

初めからある 忘れられた街

(ゆめにとえばかもくにこたえる)

夢に問えば寡黙に答える

(はなはすがたをかえきみをうつし)

花は姿を変えキミを写し

(ひとがかえるしゅんじにひとへと)

人が帰る瞬時に人へと

(みちはなぞのひゆをおえてのびた)

道は謎の比喩を終えて伸びた

(はじめからあるわすれられたひび)

初めからある 忘れられた日々

(はじめからないしりつくしたみち)

初めから無い 知り尽くした道

(てっとうをとおるこえきおくのあわいふねから)

鉄塔を通る声 記憶の 淡い船から

(あわいふねからいそげでじゃびゅー)

淡い船から 急げ デジャビュー

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。