金木犀の夜

投稿者ギャンプレイ回数137
楽曲情報 金木犀の夜  きのこ帝国  作詞佐藤 千亜妃  作曲佐藤 千亜妃
難易度(2.8) 677打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「金木犀の夜」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 花瓶の花

    花瓶の花

    石崎ひゅーいさんの花瓶の花という曲です。

    プレイ回数193
    歌詞かな1236打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だいたいよるはちょっとかんしょうてきになって)

だいたい夜はちょっと感傷的になって

(きんもくせいのかおりをたどる)

金木犀の香りを辿る

(なんでもないふりしてもこえがききたくなって)

何でもないふりしても声が聴きたくなって

(でんわばんごうをおもいだそうとしてみる)

電話番号を思い出そうとしてみる

(かけるかけない)

かけるかけない

(あいたいあいたくない)

会いたい会いたくない

(いつのまにかずいぶんとおくまできてしまったな)

いつの間にか随分遠くまで来てしまったな

(あのころのふたりはときがたってもきえやしないよね)

あの頃のふたりは時が経っても消えやしないよね

(いつかほかのだれかをすきになったとしても)

いつか他の誰かを好きになったとしても

(わすれないで)

忘れないで

(だんだんさむくなってなつはとおりすぎてた)

だんだん寒くなって夏は通り過ぎてた

(きんもくせいのかおりできづく)

金木犀の香りで気付く

(どうでもいいふりしてもきみがすきなあいすみつけて)

どうでもいいふりしてもきみが好きなアイスみつけて

(しんやのこんびにできゅうにひきもどされる)

深夜のコンビニで急に引き戻される

(きえるきえない)

消える消えない

(なきたいなきたくない)

泣きたい泣きたくない

(いつかきっとわらってはなせるひがくるなんてほんとうかな)

いつかきっと笑って話せる日が来るなんて本当かな

(あのころのふたりはこわいものなどなにもなかったね)

あの頃のふたりは怖いものなど何も無かったね

(いつかほかのだれかをすきになったとしても)

いつか他の誰かを好きになったとしても

(わすれないよ)

忘れないよ

(だいたいよるはちょっとかんしょうてきになって)

だいたい夜はちょっと感傷的になって

(きんもくせいのかおりをたどる)

金木犀の香りを辿る

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!