真島昌利 ルーレット

投稿者asukiプレイ回数50
楽曲情報 ルーレット  真島 昌利  作詞真島 昌利  作曲真島 昌利
難易度(2.4) 920打 歌詞 かな 長文モード可タグthe blue hearts 真島昌利
※このタイピングは「ルーレット」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(びびったってしょうがない)

ビビったってしょうがない

(げーむはもうはじまった)

ゲームはもう始まった

(こんどはおれのばんだから)

今度は俺の番だから

(しらぬふりはできないよ)

知らぬ振りはできないよ

(おれたちはとてもにていたよ)

俺達はとても似ていたよ

(ふたりともじゆうがすきだった)

二人とも自由が好きだった

(そのうらにいつもつきまとう)

その裏にいつもつきまとう

(せいきゅうしょもわりかんにしてた)

請求書も割り勘にしてた

(るーれっとがまわるようにまいにちがすぎてゆくんだ)

ルーレットが回るように毎日が過ぎてゆくんだ

(なににどれだけかけようか)

何にどれだけ賭けようか

(ともだちいまがそのときだ)

友達 今がその時だ

(ひとばんじゅうじごくのほのおに)

一晩中地獄の炎に

(やかれるおまえをゆめみてた)

焼かれるお前を夢見てた

(つらくてはりさけそうな)

辛くて張り裂けそうな

(おまえのいたみをゆめみてた)

お前の痛みを夢見てた

(だけどなにができるんだろう)

だけど何ができるんだろう

(おまえをすくいだすことなど)

お前を救い出すことなど

(とてもできるわけがないよ)

とてもできるわけがないよ

(うそをつきたくはなかった)

嘘をつきたくはなかった

(るーれっとがまわるようにまいにちがすぎてゆくんだ)

ルーレットが回るように毎日が過ぎてゆくんだ

(なににどれだけかけようか)

何にどれだけ賭けようか

(ともだちいまがそのときだ)

友達 今がその時だ

(かげろうがゆれるじゅうじろで)

陽炎が揺れる十字路で

(きねんしゃしんをとっただろう)

記念写真を撮っただろう

(しろっぽいまちがひびわれて)

白っぽい街がひび割れて

(とおくをみてたふたりとも)

遠くを見てた二人とも

(もうすこしおたがいのことを)

もう少しお互いのことを

(りようできるほどたふだったら)

利用できるほどタフだったら

(おれたちがはなれるりゆうは)

俺たちが離れる理由は

(なにひとつなかったんだろう)

何一つなかったんだろう

(るーれっとがまわるようにまいにちがすぎてゆくんだ)

ルーレットが回るように毎日が過ぎてゆくんだ

(なににどれだけかけようか)

何にどれだけ賭けようか

(ともだちいまがそのときだ)

友達 今がその時だ

(いどうちゅうのれっしゃのなかで)

移動中の列車の中で

(おまえのなきごえをきいた)

お前の泣き声を聞いた

(ひなびたさむいまちかどで)

ひなびた寒い街角で

(おまえのえがおをおもいだす)

お前の笑顔を思い出す

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

asukiのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971