サボテンとバントライン

投稿者virusshockプレイ回数42
楽曲情報 サボテンとバントライン  筋肉少女帯  作詞大槻 ケンヂ  作曲KING-SHOW
難易度(3.3) 1257打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 音楽
筋肉少女帯「サボテンとバントライン」
※このタイピングは「サボテンとバントライン」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 4750 B 5.1 92.4% 240.2 1242 101 42 2020/09/26

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(めぬきどおりのばくだんさわぎ)

めぬき通りのバクダン騒ぎ

(ねこがくわえてきたばくだん)

ネコがくわえてきたバクダン

(かんいっぱつでばくはつしなかった)

間一髪でバクハツしなかった

(にげたおとこはしょうねんだったけっしのそうさをわらうように)

逃げた男は少年だった 決死の捜査を笑うように

(はんこうせいめいがおくられてきた)

犯行声明が送られてきた

(さぼてんまーくのれぽーとようしに)

サボテンマークのレポート用紙に

(「ぼくはこのよをにくむ」とかいてあった)

「僕はこの世を憎む」と書いてあった

(しょうねんはさぼてんがすきだった)

少年はサボテンが好きだった

(さぼてんはかれのかみさまだった)

サボテンは彼の神様だった

(やねうらべやのかくれがでそれはみどりにかがやいている)

屋根裏部屋の隠れ家で それは緑に輝いている

(しょうねんはねこがすきだったねこのなまえはばんとらいん)

少年はネコが好きだった ネコの名前はバントライン

(ばんとらいんとさぼてんと)

バントラインとサボテンと

(えいがをみているときだけがしあわせだった)

映画を見ている時だけが幸せだった

(ほーいさぼてんみどりのひかり)

ホーイサボテン 緑の光り

(ばんとらいんとぼくをてらしいて)

バントラインと僕を照らしいて

(しょうねんとねこのだいにのはんこうは)

少年とネコの第二の犯行は

(まちのおおきなむーびーしあたー)

街の大きなムービーシアター

(あめりかんにゅーしねま)

アメリカンニューシネマ

(「まよなかのかうぼーい」がじょうえいされていた)

「真夜中のカウボーイ」が上映されていた

(ばんとらいんがばくだんしかけ)

バントラインがバクダン仕掛け

(はんこうはだいせいこうとおもわれたが)

犯行は大成功と思われたが

(えいがにみとれていたしょうねんは)

映画に見とれていた少年は

(むーびーしあたーもろともふっとんだ)

ムービーシアターもろともふっとんだ

(ほーいさぼてんみどりのひかり)

ホーイサボテン 緑の光り

(ぽっかりとぼくをてらしていて)

ポッカリと僕を照らしていて

(ほーいばんとらいんどこまでもゆこうよ)

ホーイバントライン どこまでもゆこうよ

(ながれてくくものもえおちても)

流れてく雲の燃えおちても

(うすれていくいしきのなかでしょうねんは)

薄れていく意識の中で少年は

(からからまわるえいしゃきのねをきいた)

カラカラ回る映写機の音を聞いた

(すくりーんにはせいぶのこうや)

スクリーンには西部の荒野

(こうやをぶたいにこんなえいがをみた)

荒野を舞台にこんな映画を見た

(すみなれたまちをすてしょうねんとねこがゆく)

住み慣れた街を捨て 少年とネコがゆく

(せなかにしょってるまっかなぎたー)

背中にしょってる真っ赤なギター

(むかしもらったおーるどぎたー)

昔もらったオールドギター

(ほーいさぼてんみどりのひかり)

ホーイサボテン 緑の光り

(ぽっかりとぼくをてらしていて)

ポッカリと僕を照らしていて

(ほーいばんとらいんどこまでもゆこうよ)

ホーイバントライン どこまでもゆこうよ

(ながれてくくものもえおちても)

流れてく雲の燃えおちても

(どこまでもゆこうこのこうやをぬけ)

どこまでもゆこう この荒野をぬけ

(みどりにかがやくあのおかまで)

緑に輝く あの丘まで

(ほーいさぼてんみどりのひかり)

ホーイサボテン 緑の光り

(ばんとらいんとぼくをてらしていて)

バントラインと僕を照らしていて

virusshockのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971