ただ君に晴れ

投稿者kタロープレイ回数76
楽曲情報 ただ君に晴れ  ヨシルカ  作詞N-BUNA  作曲N-BUNA
難易度(2.6) 879打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「ただ君に晴れ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(よるにうかんでいた)

夜に浮かんでいた

(くらげのようなつきがはぜた)

海月のような月が爆ぜた

(ばすていのせをのぞけば)

バス停の背を覗けば

(あのなつのきみがあたまにいる)

あの夏の君が頭にいる

(だけ)

だけ

(とりいかわいたくもなつのにおいがほおをなでる)

鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる

(おとなになるまでほら、せのびしたままで)

大人になるまでほら、背伸びしたままで

(あそびつかれたらばすていうらでそらでもみよう)

遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう

(じきになつがくれても)

じきに夏が暮れても

(きっときっとおぼえてるから)

きっときっと覚えてるから

(おいつけないままおとなになって)

追いつけないまま大人になって

(きみのぽけっとによるがさく)

君のポケットに夜が咲く

(くちにだせないならぼくはひとりだ)

口に出せないなら僕は一人だ

(それでいいからもうあきらめてる)

それでいいからもう諦めてる

(だけ)

だけ

(なつびかわいたくもゆすらうめさびたひょうしき)

夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識

(きおくのなかはいつもなつのにおいがする)

記憶の中はいつも夏の匂いがする

(しゃしんなんてかみきれだ)

写真なんて紙切れだ

(おもいでなんてただのごみだ)

思い出なんてただの塵だ

(それがわからないから、くちをつぐんだまま)

それがわからないから、口を噤んだまま

(たえずきみのいこふきおくになつののいしひとつ)

絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ

(うつむいたままおとなになって)

俯いたまま大人になって

(おいつけないただきみにはれ)

追いつけない ただ君に晴れ

(くちにだせないままさかをのぼった)

口に出せないまま坂を上った

(ぼくらのかげによるがさいていく)

僕らの影に夜が咲いていく

(うつむいたままおとなになった)

俯いたまま大人になった

(きみがおもうままてをたたけ)

君が思うまま手を叩け

(ひのおちるさかみちをのぼって)

陽の落ちる坂道を上って

(ぼくらのかげは)

僕らの影は

(おいつけないままおとなになって)

追いつけないまま大人になって

(きみのぽけっとによるがさく)

君のポケットに夜が咲く

(くちにだせなくてもぼくらひとつだ)

口に出せなくても僕ら一つだ

(それでいいだろ、もう)

それでいいだろ、もう

(きみのおもいでをかみしめてるだけ)

君の想い出を噛み締めてるだけ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。