風の分身

投稿者謎の女巫女花子ちゃんプレイ回数00
楽曲情報 風の分身  平沢 進  作詞平沢 進  作曲平沢 進
難易度(2.9) 988打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 平沢進 オーロラ 風の分身 馬の骨
アブラカダブラアブラカダブラ...
「声」と「越え」の変換は絶妙だと思います。
※このタイピングは「風の分身」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

((はれはれきわだつ))

(晴れ 晴れ 際立つ)

(きわだつきみかぜにふかれて)

際立つキミ 風に吹かれて

(うみをこえていなずまのさわぐひ)

海を越えて稲妻の騒ぐ日

(はるかなるこえはきて)

遥かなる声は来て

(いつかゆめにきこえたあのうたを)

いつか夢に聴こえたあの歌を

(いくせんのまちはきく)

幾千の町は聴く

(ふれきせきよきみにひゅうとふきあれよと)

降れ奇跡よキミに ひゅうと 吹き荒れよと

(またよぶなつかしのこえこえこえこえ)

また呼ぶ なつかしの 声 声 声 声

(うみをこえていなずまのさわぐひ)

海を越えて稲妻の騒ぐ日

(はるかなるこえはきて)

遥かなる声は来て

(みちにひとりかしこくきみはたち)

道にひとり賢くキミは立ち

(めぐるひにはれをよぶ)

めぐる日に晴れを呼ぶ

(そらにいまもいのちのおとがして)

空に今も命の音がして

(いちじんのかぜはふき)

一陣の風は吹き

(ふれきせきよきみにひゅうとふきあがれと)

降れ奇跡よキミに ひゅうと 吹き上がれと

(いならぶまちのひをこえこえこえこえ)

居並ぶ 街の灯を越え 越え 越え 越え

(みちにひとりかしこくきみはたち)

道にひとり賢くキミは立ち

(めぐるひにはれをよぶ)

めぐる日に晴れを呼ぶ

(あぶらかだぶらあぶらかだぶら...)

アブラカダブラアブラカダブラ...

((はれはれきわだつ))

(晴れ 晴れ 際立つ)

(きわだつきみかぜにふかれて)

際立つキミ 風に吹かれて

((はれはれきわだつ))

(晴れ 晴れ 際立つ)

(きわだつきみかぜにふかれて)

際立つキミ 風に吹かれて

(まどにひとつしらんだあさがきて)

窓にひとつ白んだ朝が来て

(まぼろしのかせをとく)

幻の枷を解く

(いつかゆめにたずねたひとかげは)

いつか夢に訪ねた人影は

(きみのなをなのるかぜ)

キミの名を名のる風

(ふれきせきよきみにひゅうとふきぬけよと)

降れ奇跡よキミに ひゅうと 吹きぬけよと

(またよぶなつかしのこえこえこえこえ)

また呼ぶ なつかしの 声 声 声 声

(いつかゆめにたずねたひとかげは)

いつか夢に訪ねた人影は

(きみのなをなのるかぜ)

キミの名を名のる風

(あぶらかだぶらあぶらかだぶら)

アブラカダブラアブラカダブラ

((はれはれきわだつ))

(晴れ 晴れ 際立つ)

(きわだつきみかぜにふかれて)

際立つキミ 風に吹かれて

((はれはれきわだつ))

(晴れ 晴れ 際立つ)

(きわだつきみかぜにふかれて)

際立つキミ 風に吹かれて

((はれはれきわだつ))

(晴れ 晴れ 際立つ)

(きわだつきみかぜにふかれて)

際立つキミ 風に吹かれて

((はれはれきわだつ))

(晴れ 晴れ 際立つ)

(きわだつきみかぜにふかれて)

際立つキミ 風に吹かれて

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。