アムリタ

投稿者たまプレイ回数000お気に入り1
楽曲情報 アムリタ  牧野 由依  作詞かの 香織  作曲かの 香織
難易度(4.0) 601打 歌詞 かな 長文モード推奨タグアニメ・マンガ 歌詞 アニソン ツバサクロニクル 牧野由依
アニメ ツバサクロニクル歌詞 英文なし
※このタイピングは「アムリタ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 たま 7548 7.7 98.0% 77.9 600 12 12 2020/11/02

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きかせてなつかしいうたをとおくでくちずさんで)

聴かせて懐かしい歌を 遠くで口ずさんで

(せいなるみつのようにゆめのようにそのなかでねむらせて)

聖なる蜜のように夢のように その中で眠らせて

(どうしてせかいはさかさにむりょくにながれてくの?)

どうして世界は逆さに無力に流れてくの?

(ゆうやけいつかみたあかねぐもそばにいれないそのかわりに)

夕焼け いつかみた茜雲 そばにいれないその代わりに

(ぎんいろのあめがふってきたらわたしだとおもってなみだをふいて)

銀色の雨が降ってきたら私だと思って涙を拭いて

(まっすぐにはだにおちるりゅうせいふりつづけてそのかたにあむりた)

まっすぐに肌に落ちる流星 降り続けてその肩に蜜雨(アムリタ)

(だいちがないているよるをかんじるこころでいて)

大地が泣いている夜を感じる心でいて

(あなたのきずぐちがいたむならそらにねがいのゆみやをうつ)

あなたの傷口が痛むなら 空に願いの弓矢を撃つ

(ぎんいろのあめがふってきたらわたしだとおもってじかんをとめて)

銀色の雨が降ってきたら私だと思って時間を止めて

(ちへいせんひびきわたるしずくたしかなものあのひびにあむりた)

地平線 響き渡る雫 確かなもの あの日々に蜜雨(アムリタ)

(ぎんいろのあめがふってきたらわたしだとおもってなみだをふいて)

銀色の雨が降ってきたら私だと思って涙を拭いて

(まっすぐにはだにおちるりゅうせいあなたにふるあめになるあむりた)

まっすぐに肌に落ちる流星 あなたに降る雨になる蜜雨(アムリタ)

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

たまのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971