口笛放浪記

投稿者ゆーたwプレイ回数00
楽曲情報 口笛放浪記  フラワーカンパニーズ  作詞鈴木 圭介  作曲鈴木 圭介
難易度(2.2) 745打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 タイピング練習 バンド 曲名
フラワーカンパニーズ「口笛放浪記」
歌詞抜粋Verです。
※このタイピングは「口笛放浪記」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 パルプンテ 7544 7.8 96.2% 94.5 742 29 32 2020/10/18

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なくしたものだけおぼえてる)

失くしたものだけ覚えてる

(たりないものだけかぞえてる)

足りないものだけ数えてる

(さびしいじぶんにたちどまり)

寂しい自分に立ち止まり

(むくんだてあしをあたためてる)

むくんだ手足を温めてる

(さいしゅうれっしゃをみおくって)

最終列車を見送って

(すあしでゆめをあるいている)

素足で夢を歩いている

(いけどもいけどもきりはなく)

行けども行けどもきりはなく

(いまいるばしょさえわからない)

今いる場所さえ分からない

(いつかみあげたそら)

いつか見上げた空

(にどとみれないそら)

二度と見れない空

(きみのこえがきこえた)

君の声が聞こえた

(そんなきがした)

そんな気がした

(ゆめからゆめかさねるだけで)

夢から夢重ねるだけで

(ひびからひびながれるだけで)

日々から日々流れるだけで

(ゆめからゆめささえるだけで)

夢から夢支えるだけで

(むねからむねかぜがふくだけ)

胸から胸風が吹くだけ

(なくのはかなしいからじゃなく)

泣くのは悲しいからじゃなく

(ひとりでなくのがすきだから)

一人で泣くのが好きだから

(ほころびだらけのおうさまが)

ほころびだらけの王様が

(はだかのじぶんをだきしめてる)

裸の自分を抱きしめてる

(よるにひらいたあなころがりおちるはな)

夜に開いた穴 転がり落ちる花

(きみのこえがきこえた)

君の声が聞こえた

(たしかにきこえた)

確かに聞こえた

(ゆめからゆめさまようだけで)

夢から夢さまようだけで

(ひびからひびながれるだけで)

日々から日々流れるだけで

(ゆめからゆめささえるだけで)

夢から夢支えるだけで

(むねからむねかぜがふくだけ)

胸から胸風が吹くだけ

(ふゆのてんぱくがわすべてながしにいこう)

冬の天白川 すべて流しに行こう

(きみのこえはきこえない)

君の声は聞こえない

(もうきこえない)

もう聞こえない

(ゆめからゆめくちぶえふいて)

夢から夢口笛吹いて

(むねからむねあしたへひびけ)

胸から胸明日へ響け

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ゆーたwのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971