花に亡霊

投稿者ののプレイ回数000
楽曲情報 花に亡霊  ヨルシカ  作詞N-BUNA  作曲N-BUNA
難易度(2.4) 1111打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ヨルシカ 花に亡霊 歌詞タイピング
花に亡霊/ヨルシカ
※このタイピングは「花に亡霊」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ゼア 7902 8.0 97.6% 137.8 1116 27 44 2020/10/28
2 あいむ 5731 A 6.1 93.5% 179.2 1103 76 44 2020/10/22
3 はくまい 4923 B 5.1 96.2% 215.7 1105 43 44 2020/11/24
4 やぶはら2 2615 E 2.8 92.2% 397.6 1136 96 44 2020/11/18

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(もうわすれてしまったかな)

もう忘れてしまったかな

(なつのこかげにすわったまま)

夏の木陰に座ったまま

(あいすをくちにほうりこんで)

氷菓(アイス)を口に放り込んで

(かぜをまっていた)

風を待っていた

(もうわすれてしまったかな)

もう忘れてしまったかな

(よのなかのぜんぶうそだらけ)

世の中の全部嘘だらけ

(ほんとうのかちをふたりでさがしにいこうとわらったこと)

本当の価値を二人で探しに行こうと笑ったこと

(わすれないようにいろあせないように)

忘れないように色褪せないように

(かたちにのこるものがすべてじゃないように)

形に残るものが全てじゃないように

(ことばをもっとおしえてなつがくるっておしえて)

言葉をもっと教えて夏が来るって教えて

(ぼくはえがいているめにうつったのはなつのぼうれいだ)

僕は描いている眼に映ったのは夏の亡霊だ

(かぜにすかーとがゆれておもいでなんてわすれて)

風にスカートが揺れて想い出なんて忘れて

(あさいこきゅうをするあせをぬぐってなつめく)

浅い呼吸をする汗を拭って夏めく

(もうわすれてしまったかな)

もう忘れてしまったかな

(なつのこかげにすわったころ)

夏の木陰に座った頃

(とおくのおかからかおだしたくもがあったじゃないか)

遠くの丘から顔出した雲があったじゃないか

(きみはそれをつかもうとして)

君はそれをつかもうとして

(ばかみたいにくうをきったてで)

馬鹿みたいに空を切った手で

(ぼくはかみにくもひとつをかいて)

僕は紙に雲一つを書いて

(わらってにぎってみせて)

笑って握って見せて

(わすれないようにいろあせないように)

忘れないように色褪せないように

(れきしにのこるものがすべてじゃないから)

歴史に残るものが全てじゃないから

(いまだけかおもなくして)

今だけ顔も失くして

(ことばもぜんぶわすれて)

言葉も全部忘れて

(きみはわらってる)

君は笑ってる

(なつをまっているぼくらぼうれいだ)

夏を待っている僕ら亡霊だ

(こころをもっとおしえて)

心をもっと教えて

(なつのにおいをおしえて)

夏の匂いを教えて

(あさいこきゅうをする)

浅い呼吸をする

(わすれないようにいろあせないように)

忘れないように色褪せないように

(こころにひびくものがすべてじゃないから)

心に響くものが全てじゃないから

(ことばをもっとおしえて)

言葉をもっと教えて

(さよならだっておしえて)

さよならだって教えて

(いまもみるんだよ)

今も見るんだよ

(なつにさいてるはなにぼうれいを)

夏に咲いてる花に亡霊を

(ことばじゃなくてじかんを)

言葉じゃなくて時間を

(じかんじゃなくてこころを)

時間じゃなくて心を

(あさいこきゅうをする)

浅い呼吸をする

(あせをぬぐってなつめく)

汗を拭って夏めく

(なつのにおいがする)

夏の匂いがする

(もうわすれてしまったかな)

もう忘れてしまったかな

(なつのこかげにすわったまま)

夏の木陰に座ったまま

(あいすをくちにほうりこんで)

氷菓(アイス)を口に放り込んで

(かぜをまっていた)

風を待っていた

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。