消えゆく世界のハッピーエンド

投稿者椶驪プレイ回数61
楽曲情報 消えゆく世界のハッピーエンド  おくのほそみち  作詞おくのほそみち  作曲おくのほそみち
難易度(2.4) 1136打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ おくのほそみち 初音ミク 音街ウナ
消えゆく世界のハッピーエンドです、
「後悔する僕を、笑って許してよ」
歌唱、曲中セリフ:音街ウナ
コーラス:初音ミク
作詞作曲諸々:おくのほそみち
※このタイピングは「消えゆく世界のハッピーエンド」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そんざいがきえてしまうせかいで)

存在が消えてしまう世界で

(ぼくらいまをいきてる)

僕ら、今を生きてる

(わすれてたあのなつのこうかいを)

忘れてたあの夏の後悔を

(おもいだしたころにはすべておわってた)

思い出した頃には全て終わってた

(たとえどんなことばでうめつくしても)

たとえ、どんな言葉で埋め尽くしても

(このせかいのどこにもぼくらのいばしょはなくて)

この世界のどこにも僕らの居場所はなくて

(まちのあかりはきょうもしずかにきらきらひかる)

街の灯りは今日も静かにキラキラ光る

(にじむしかいにひろがるいつものふうけい)

滲む視界に広がる、いつもの風景

(だれかのこえにみみをふさいでいたひび)

誰かの声に耳を塞いでた日々

(ぼくらはいつでもおびえてあるく)

僕らはいつでも怯えて歩く

(かかとすりへらして)

踵すり減らして

(ろじうらにさくはなは)

路地裏に咲く花は

(ひとしれずいきをしてる)

人知れず息をしてる

(ぼくらににてるねとほほえむ)

「僕らに似てるね」と微笑む

(となりにいるきみのこえがとおくなるよ)

隣にいる君の声が遠くなるよ

(そんざいがきえてしまうせかいで)

存在が消えてしまう世界で

(ぼくらいまをいきてる)

僕ら、今を生きてる

(わすれてたあのなつのこうかいを)

忘れてたあの夏の後悔を

(おもいだしたときにはすべておわってた)

思い出した時には全て終わってた

(きみがなにかをいいかけて)

君が何かを言いかけて

(よんばんせんのほーむにれっしゃがきたよ)

四番線のホームに列車が来たよ

(おもいでのぽーとれいと)

思い出のポートレイト

(てまねきしてわらうきみの)

手招きして笑う君の

(いろあせないきおくつれていく)

色褪せない記憶、連れていく

(あぁそろそろはじまりのかねのおとがひびく)

あぁ、そろそろ始まりの鐘の音が響く

(まちのあかりはきょうでしずかにねむりについた)

街の灯りは今日で静かに眠りについた

(しろいてをにぎったらえんどろーるへ)

白い手を握ったらエンドロールへ

(きみがなみだをうかべて)

君が涙を浮かべて

(これでさいご)

「これで、最後。」

(よあけにはもうきえているんだろう)

夜明けにはもう消えているんだろう

(きみのてのぬくもりが)

君の手の温もりが

(はっぴーえんどじゃなくてもいいからさ)

「ハッピーエンドじゃなくてもいいからさ

(いまこのしゅんかんだけはおわらないでくれよ)

今、この瞬間だけは終わらないでくれよ」

(いつまでも)

いつまでも

(さよなら)

「さよなら」

(そんざいがきえてしまうせかいで)

存在が消えてしまう世界で

(きせきをねがうくらい)

奇跡を願うくらい

(あのときをやりなおせたらなんて)

「あの時をやり直せたら」なんて

(こうかいするぼくをわらってゆるしてよ)

後悔する僕を、笑って許してよ

(じゃあねってつぶやくきみと)

「じゃあね」ってつぶやく君と

(うつむいたままのぼくの)

俯いたままの僕の

(つないだてとてがいましずかに)

繋いだ手と手が今、静かに

(はなれていく)

離れていく

(きみがなにかをいいかけて)

君が何かを言いかけて

(いつかまた)

「いつか、また」

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

椶驪のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971