少年よ月下を疾走れ

投稿者沙羅プレイ回数00
楽曲情報 少年よ月下を疾走れ  中島 淳(CV.上村 祐翔)  作詞真崎 エリカ  作曲矢鴇 つかさ
難易度(3.3) 897打 歌詞 かな 長文モード可タグアニメ・マンガ 文豪ストレイドッグス 中島敦
文豪ストレイドッグス中島敦のキャラソンです。
※このタイピングは「少年よ月下を疾走れ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ちをながしたひふそしきはすこしたてばもうもとどおりだ)

血を流した皮膚組織は少し経てばもう元通りだ

(ひきつれてるきずあとがそんなこともあったというくらいだろう)

引き連れてる傷跡が「そんなこともあった」と云うくらいだろう

(そうさとしていたみごまかすたびかんかできないしょうどうだけがうずまいた)

そう諭して...痛み誤魔化す度看過できない衝動だけが渦巻いた

(はしれはしれどこにむかうか)

疾走れ疾走れ何処に向かうか

(しらないみえないだけどいかなきゃ)

知らない見えないだけど行かなきゃ

(うつろにあいたむねのすきまから)

虚ろに空いた胸の隙間から

(いきたいとこえがするだからまよわずげっかをはしれ)

”生きたい”と声がするだから迷わず月下を疾走れ

(よどんだひびからちをけって)

淀んだ日々から地を蹴って

(ありふれてるかんじょうだとわらいとばしてもああけせずにいた)

ありふれてる感情だと笑い飛ばしても嗚呼消せずにいた

(かなしいかなぼくはただこどくというおりからぬけだせずに)

悲しい哉僕はただ孤独という檻から抜け出せずに

(きたいしてきずついてめをとじたこのつぎはちがうことばまたきたいして)

期待して傷ついて目を閉じたこの次は...違う言葉また期待して

(さけべさけべいびつなこえでそんざいさえもひていされたって)

叫べ叫べ歪な声で存在さえも否定されたって

(きぼうもつのはとめられなかった)

希望持つのは止められなかった

(よりそってくれたのはほのじろいひかりでさけべそうきこえた)

寄り添ってくれたのは仄白い光で叫べ...そう聞こえた

(いつのひかこんなじぶんでもひつようだとだれかいってくれるなら)

何時の日か”こんな自分でも必要だと誰か云ってくれるなら”

(あがけあがけつきぬなみだもいきるもののあかしとおもえ)

足掻け足掻け尽きぬ涙も生きる者の証と思え

(おそれるよりもなにもしないままうばわれるうんめいをとめろ)

恐れるよりも何もしない侭奪われる運命を止めろ

(はしれはしれどこにむかうか)

疾走れ疾走れ何処に向かうか

(しらないみえないだからいくのさ)

知らない見えないだから行くのさ

(うつろにあいたむねをたたいては)

虚ろに空いた胸を叩いては

(しょうねんとよびかけるだれかにであうまではしれ)

”少年”と呼びかける誰かに出逢うまで疾走れ

(せまるみらいがそういうから)

...迫る未来がそう云うから。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

沙羅のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971