たぶん

投稿者ルナプレイ回数469
楽曲情報 たぶん  YOASOBI  作詞Ayase  作曲Ayase
難易度(2.0) 1211打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 YOASOBI
※このタイピングは「たぶん」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 夜に駆ける

    夜に駆ける

    YOASOBIさんの夜に駆けるです!1番のみです。

    プレイ回数1179293
    歌詞かな612打
  • 怪物

    怪物

    怪物/YOASOBI

    プレイ回数188048
    歌詞かな1278打
  • 三原色

    三原色

    三原色/YOASOBI

    プレイ回数14664
    歌詞かな905打
  • 夜に駆ける

    夜に駆ける

    夜に駆ける/YOASOBI

    プレイ回数15668
    歌詞かな1522打
  • 三原色/YOASOBI

    三原色/YOASOBI

    YOASOBIさんの三原色です!一番のみなのですぐ終わります!

    プレイ回数8373
    歌詞かな543打
  • ラブレター

    ラブレター

    YOASOBI

    プレイ回数380
    歌詞1415打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なみだながすことすらないまま)

涙流すことすら無いまま

(すごしたひびのあとひとつものこさずに)

過ごした日々の痕一つも残さずに

(さよならだ)

さよならだ

(ひとりでむかえたあさに)

一人で迎えた朝に

(なりひびくだれかのおと)

鳴り響く誰かの音

(ふたりですごしたへやで)

二人で過ごした部屋で

(めをとじたままかんがえてた)

目を閉じたまま考えてた

(わるいのはだれだ)

悪いのは誰だ

(わかんないよ)

分かんないよ

(だれのせいでもない)

誰のせいでもない

(たぶん)

たぶん

(ぼくらはなんかいだってきっと)

僕らは何回だってきっと

(そうなんねんだってきっと)

そう何年だってきっと

(さよならとともにおわるだけなんだ)

さよならと共に終わるだけなんだ

(しかたがないよきっと)

仕方がないよきっと

(おかえり)

「おかえり」

(おもわずこぼれたことばは)

思わず零れた言葉は

(ちがうな)

違うな

(ひとりでむかえたあさに)

一人で迎えた朝に

(ふとおもうだれかのこと)

ふと想う誰かのこと

(ふたりですごしたひびの)

二人で過ごした日々の

(あたりまえがまだのこっている)

当たり前がまだ残っている

(わるいのはきみだ)

悪いのは君だ

(そうだっけ)

そうだっけ

(わるいのはぼくだ)

悪いのは僕だ

(たぶん)

たぶん

(これもたいしゅうてきれんあいでしょ)

これも大衆的恋愛でしょ

(それはさいしゅうてきなこたえだよ)

それは最終的な答えだよ

(ぼくらだんだんとずれていったの)

僕らだんだんとズレていったの

(それもただよくあるききなれたすとーりーだ)

それもただよくある聴き慣れたストーリーだ

(あんなにかがやいていたひびにすら)

あんなに輝いていた日々にすら

(ほこりはつもっていくんだ)

埃は積もっていくんだ

(ぼくらはなんかいだってきっと)

僕らは何回だってきっと

(そうなんねんだってきっと)

そう何年だってきっと

(さよならにつづくみちをあるくんだ)

さよならに続く道を歩くんだ

(しかたがないよきっと)

仕方がないよきっと

(おかえり)

「おかえり」

(いつものように)

いつもの様に

(こぼれおちた)

零れ落ちた

(わかりあえないことなんてさ)

分かり合えないことなんてさ

(いくらでもあるんだきっと)

幾らでもあるんだきっと

(すべてをゆるしあえるわけじゃないから)

全てを許し合えるわけじゃないから

(ただやさしさのひびを)

ただ、優しさの日々を

(つらいひびとかんじてしまったのなら)

辛い日々と感じてしまったのなら

(もどれないから)

戻れないから

(ぼくらはなんかいだってきっと)

僕らは何回だってきっと

(ぼくらはなんかいだってきっと)

僕らは何回だってきっと

(そうなんねんだってきっと)

そう何年だってきっと

(さよならとともにおわるだけなんだ)

さよならと共に終わるだけなんだ

(しかたがないよきっと)

仕方がないよきっと

(おかえり)

「おかえり」

(おもわずこぼれたことばは)

思わず零れた言葉は

(ちがうな)

違うな

(それでもなんかいだってきっと)

それでも何回だってきっと

(そうなんねんだってきっと)

そう何年だってきっと

(はじまりにもどることができたなら)

始まりに戻ることが出来たなら

(なんておもってしまうよ)

なんて、思ってしまうよ

(おかえり)

「おかえり」

(とどかずこぼれたことばに)

届かず零れた言葉に

(わらった)

笑った

(すこしひえたあさだ)

少し冷えた朝だ