投稿者YanooJAPANプレイ回数1759
楽曲情報 恋  星野 源  作詞星野 源  作曲星野 源
難易度(2.0) 180秒 歌詞 かな 長文モード可タグ星野源 逃げるは恥だが役に立つ
役に立つ曲です
Yanoo
※このタイピングは「恋」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いとなみのまちがくれたらいろめき)

営みの街が暮れたら色めき

(かぜたちははこぶわ)

風たちは運ぶわ

(からすとひとびとのむれ)

カラスと人々の群れ

(いみなんかないさ)

意味なんかないさ

(くらしがあるだけ)

暮らしがあるだけ

(ただはらをすかせて)

ただ腹を空かせて

(きみのもとへかえるんだ)

君の元へ帰るんだ

(ものごころついたらふと)

物心ついたらふと

(みあげておもうことが)

見上げて思うことが

(このよにいるだれもふたりから)

この世にいる誰も二人から

(むねのなかにあるもの)

胸の中にあるもの

(いつかみえなくなるもの)

いつか見えなくなるもの

(それはそばにいること)

それは側にいること

(いつもおもいだして)

いつも思い出して

(きみのなかにあるもの)

君の中にあるもの

(きょりのなかにあるこどう)

距離の中にある鼓動

(こいをしたのあなたの)

恋をしたの貴方の

(ゆびのまざりほおのかおり)

指の混ざり 頬の香り

(ふうふをこえてゆけ)

夫婦を超えてゆけ

(みにくいとひめたおもいはいろづき)

みにくいと秘めた想いは色づき

(はくちょうははこぶわ)

白鳥は運ぶわ

(あたりまえをかえながら)

当たり前を変えながら

(こいせずにいられないな)

恋せずにいられないな

(にたかおもきょこうにも)

似た顔も虚構にも

(あいがうまれるのはひとりから)

愛が生まれるのは一人から

(むねのなかにあるもの)

胸の中にあるもの

(いつかみえなくなるもの)

いつか見えなくなるもの

(それはそばにいること)

それは側にいること

(いつもおもいだして)

いつも思い出して

(きみのなかにあるもの)

君の中にあるもの

(きょりのなかにあるこどう)

距離の中にある鼓動

(こいをしたのあなたの)

恋をしたの貴方の

(ゆびのまざりほおのかおり)

指の混ざり 頬の香り

(ふうふをこえてゆけ)

夫婦を超えてゆけ

(なきがおもだまるよるもゆれるえがおも)

泣き顔も黙る夜も揺れる笑顔も

(いつまでもいつまでも)

いつまでもいつまでも

(むねのなかにあるもの)

胸の中にあるもの

(いつかみえなくなるもの)

いつか見えなくなるもの

(それはそばにいること)

それは側にいること

(いつもおもいだして)

いつも思い出して

(きみのなかにあるもの)

君の中にあるもの

(きょりのなかにあるこどう)

距離の中にある鼓動

(こいをしたのあなたの)

恋をしたの貴方の

(ゆびのまざりほおのかおり)

指の混ざり 頬の香り

(ふうふをこえてゆけ)

夫婦を超えてゆけ

(ふたりをこえてゆけ)

二人を超えてゆけ

(ひとりをこえてゆけ)

一人を超えてゆけ